Cut

10月4日、木曜日。

なんだか今日は一日が終わるのが早かった、と言えばいいのかそれとも逆なのか。夕方までにいろんなことがスムーズに済んでやるべきことをすべて終えてしまった。もちろん夜だってやろうと思えばできたのだが、いつものように勇気がなかった。それに例の酷い肩凝りと手が痺れるのが気になって。つまり、過度のストレスを感じてはいるということだ。しかしながらストレスの根本的要因がいまだによく分からないので解決策が見当たらない。なんだかとても居心地が悪い。

前述のように、今日はいろんなことが妙に上手くいった。10時35分という中途半端な時間に起床も、今週の流れとは逆にいつもはほとんどやらない東京タイムで相場のトレードをして2時過ぎに利確。これがほぼ日中の高値で、つまるところ珍しく利食いが上手くいったということ。そこから再びリスクを取る気がしなくなってしまったので、遅ればせながらいつもとは順番が逆だが業務に行ってみる。するとガラガラ。先日故障台にしたものが復活していたので、期待値マイナスと分かって打つもツイていた。8連チャンしたところでとっとと終了。帰りがけに1000円カットの前を通ると、珍しく駐車場に一台も停まっていなかった。一旦帰宅して煙草を一服後、やっぱり髪を切りに行く。出直すと今度は先客が一人も、美容師が二人いるので待たずに済んだ。これまたラッキー。どれぐらい切りますかと訊ねられたので3cmぐらい、揃える程度でいいですと言ったのに、いきなりどう見ても5cm以上切り始めた。これはもうしょうがないと諦める。結果、前髪だけが長いというなんだかある意味80年代っぽい(?)髪型になってしまった。いずれにせよ、髪を伸ばすと言っておきながらもううざったいのと見た目のダメさ加減にうんざりしていたので、ようやっと髪を切ることができた。ここからまた伸ばすかな?

という具合に、夕方でほぼやることは終了。夜、やることがなくなってアマゾンのプライムビデオでナ・ホンジン監督の「コクソン」を再見し始めたのだが、手が痺れていることもあってこんなことをしている場合ではないというような罪悪感がどこかにあって集中できず。中断。今日は曲を作る気にもなれない。少々音楽を作るということに嫌気がさしている。

目の前でドル円が114円を割ってどんどん落ちていくのを見ていたせいもあって、こういうときに勇気がなくて何もできない自分が嫌になる。そんなこんなで、もろもろ上手く行った一日なのに何故かもどかしく空虚な夜。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。