some-kind-of-music


index


18.Interude / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2014

映画音楽のようなひたすらセンチメンタルなものを作ってみたかったので久々に書いた曲。PCを替えてDAWソフト(シーケンスソフト)がこれまでのCubaseを使えなかったのでドラムを打ち込むのは断念。ディテイルは詰めていないのでかなりアバウトなスケッチ。

20th,sep,2014

17.Memories / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2012

シンプルなジャズ・ファンク・チューン。サビのテイストは学生時代にバンドでやっていた曲のニュアンスに近く、僕の原点に戻った感じ。

11th,jan,2013

16.Structure 2 / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2012

基本的には前作の続きで、1を書いたから2も作ってみようと。同じようにシンプルなモチーフで。結果的にアレンジが黒人音楽よりになり、一昔前で言うメロウな感じに。これもバンド用のデモなので、細かいところは厳密に演奏しておらず、かなりテキトー。

27th,sep,2012

15.Structure 1 / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2012

最近は基本的にバンドで演奏することを前提に書いているんだけど、この曲に関しては学生時代の曲「Main Street」と最近の曲「Dig」の中間ぐらいを意識した。タイトルは子供のころ、絵の展覧会を見に行くとよく抽象画に「構造1」とかってタイトルがあったのを思い出したので。って、要するにタイトルをつけるのが面倒になった。エレピのソロはヤマザキに、後半のドラムソロもドラムの人にやって欲しかったのだが……。ま、デモだからしゃあない。

27th,sep,2012

14.This Way / Sukeza

Composed, arranged and all instuments performed by Sukeza. 2012

どうも軟弱なスムーズ・ジャズみたいな曲ばかり出来てうんざりしていたときに、気分転換にバンドでライブでやるために書き下ろしたシンプルなロック・インストゥルメンタル。後半のリフのところは本来はシンセと掛け合いのつもりだったんだけれど、ヤマザキが一向にソロを送ってくれないのでファーストデモをアップ。最後のギターソロを弾いている最中にヘッドフォンが外れてしまったのだが、めんどくさくて弾き直していないのでその辺はご容赦を。

27th,sep,2012

13.Last Dance With You / Sukeza & Decades

Sukeza (guitars, keyboards, drum programming), Yoichi Yamazaki (acoustic piano solo)
Composed and arranged by Sukeza. 2012

この曲は頭のモティーフが浮かんだらすんなり出来たんだけど、最初はいかにも精神を病んでいる人が作ったみたいで(まあそうなんだが)どうかなと思ったのだが、退廃的なセンチメンタリズムの曲としては悪くないかなと思うようになった。こういう曲をライブでやるバンドもあまりいないと思うので。

15th,jun,2012

12.Dig / Sukeza & Decades

Sukeza (guitars, keyboards, drum programming), Yoichi Yamazaki (electric piano solo)
Composed and arranged by Sukeza. 2012

曲としてはこっちの方をNanaよりも先に書いた。テーマが弾けなくて四苦八苦。ヤマザキのソロがカッコいい。

28th,may,2012

11.Nana / Sukeza & Decades

Sukeza (guitars, keyboards, drum programming), Yoichi Yamazaki (electric piano solo)
Composed and arranged by Sukeza. 2012

最初に頭の7拍子のモティーフが浮かんで、それを発展させて変拍子のジャズロックにしてみた。エレピのソロはヤマザキ。いつまでもバンド名がSUKEZAとかスケザバンド(学生時代の通称)でもあるまい、と思って適当にバンド名(ユニット名)をでっち上げた。タイトルはもちろん、7拍子だから。

26th,may,2012

10.Awakening / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2012

ドラムレスのポップ・ロック・インストゥルメンタル(ドラム入りで録音して最後にドラムを抜いた)。まず最初にバラードのコード進行を適当に作ってピアノを弾いてベースを被せ、テーマ(メロディ)は即興でギターで弾いた。なのでかなりテキトー。

22nd,may,2012

9.Chaka / Sukeza

Composed, arranged and all instruments performed by Sukeza. 2012

女声ボーカル用のデモ。タイトルから分かるように、チャカ・カーン辺りをイメージ。フルコーラスの曲を書いて一応格好をつけて完パケにするのは前回の「誕生日に思い出すこと」以来だから11年ぶり。我ながら寡作だ。というか、書こうと思えばいくらでも書けるのでものぐさということ。

24th,april,2012

8.Main Street (1982)/ SUKEZA

Composed and arranged by Sukeza

これは1982年に録音した、ドラムがミヤザワのバージョン。途中で4ビートになる。一種異様な緊迫感、疾走感があって僕はこのバージョンが好きだ。僕らはこのころ22歳と21歳。みなぎる熱気、若さのエネルギーというものを今聴くと改めて痛感する。

6th,july,2011

7.Rain

Composed by Kengo Noguchi
Lyrics by Rie Shibata
Arranged by Mumon Tohyama
Vocal by Hanaco
Produced by Sukeza

お蔵入り音源シリーズ、その4。ちょっととんがったものや、先を行っているものは皆却下されてしまったので、思い切り普遍的なバラードを不本意ながらレコーディングした。そんなわけなので、この曲に関しては拘ったのは歌詞だけ。結局これもお蔵入り。

2nd,july,2011

6.Main Street / SUKEZA

僕が生まれて初めて書いた曲。1979年、高田馬場BIGBOXでのビクター主催大学対抗ジャズ・コンテストでのライブ。最初に書いた譜面では、イントロの前にユニゾンの難解なパッセージがあったんだけど、今考えてみるとそれがあった方がよかったような気がする。この音源はPAが酷くてエンジニアが途中で慌ててフェーダーを暴力的に上げ下げしているのが分かる。途中でエレピがゲインオーバーしまくり。

10th,june,2011

5.Swing In My Heart

Composed by Einosuke Nakamura
Arranged by Mumon Tohyama
Vocals by Hanaco
Produced by Sukeza

前回までと同じシリーズで、アルバム用にレコーディングしたもの。

4th,june,2011

4.観覧車

Composed and lyrics by Haruco Asaka
Arranged by Mumon Tohyama
Vocals by Hanaco
Produced by Sukeza

「Darkness」がデビューシングルにしてもらえなかったので同じくシングル候補でレコーディングした曲。結局これもお蔵入り。いい曲なんだけど。このシリーズはなんでボツになったのかいまだによく分からず。

1st,june,2011

3.Darkness

Composed and arranged by Einosuke Nakamura
Lyrics by Rie Shibata
Vocals by Hanaco
Produced and chorus arranged by Sukeza

もう一昔も前かなあ、新人アーティストをフルプロデュースして、メーカーと契約までこぎつけ、レコーディングも何曲かしたんだけど、結局お蔵入りになってしまいました。これはそのときのデビューシングル候補の1曲。ちょっと先を行き過ぎてたのかな……。

31st,may,2011

2.Standin' Blue
 by Sukeza (c)2001 Sukeza
  Guitar played by Tomotaka "IMASA" Imamichi

友人で元バービーボーイズのギター、今道くんが、下記の「誕生日に思い出すこと」をアップした次の日に、突然自分のギターを被せたCDを持って現れた。しかもタイトルまで勝手に付けてくれた(笑)。まあ、ヘンな人である。バックのオケがしょぼいのはしょうがないとして、貴重版。彼のちょっとオタクなサイトはここ

9th,jul,2001

1.誕生日に思い出すこと
 by Sukeza (c)2001 Sukeza

映画音楽みたいなセンチメンタルなものを作ってみようと。まったくのフリーテンポで、当然全部手弾き。っていうか、シーケンサーを持ってない。そんなわけでいろいろアラはあります。途中ゲインオーバーで割れてるとこが一ヶ所あるんだけど、そこはそれ、これが一番上手く弾けたバージョンなんだってば、エレピ。

9th,may,2001


back

some kind of love


yesterday

today