Nontitled

3月7日、水曜日。

という具合になんとか朝起きられた。昨夜も一昨日も寝た時間はそれほど変わらず、起きる時間の2時間半という違いがどこから来ているのかさっぱり分からない。ただ起きたことは起きたんだけれどもやっぱり眠かった。よって昼前から1時間半ほど昼寝。

一応午前中から相場のトレードはやっていたものの例によってちびる。午後もちびる。てなことをやっているうちに、相場の値動きも煮詰まり精神科の予約の時間もあるので実に中途半端な時間帯に。それで精神科までの時間潰しに一週間ぶりの業務に行ってみる。単なる時間潰しであるし4時前には手仕舞いしなければならないのでフルスペックは打たない。という具合にちまちまとやっていると隣の席に珍しく若い女の子が。これが本日のキーポイント。20分前ぐらいに例によって何時に行ったらいいのか精神科に電話してみる。すると、たまげたことにまだ1時台の患者をやっていて、あと7人は待たなければならないので5時に来てくれという。むむむ、これは。今日はACLの鹿島の試合が5時半キックオフ、どうしよう。と思いながら業務を続行していると、5時近くなって連チャンが止まらず、もうあと2分というところで前述の隣の女の子に確変中の台を譲った。一度やってみたかった。譲られたことはあるけど。これが隣がむさいおっさんだったりしたら物凄く悩むところなんだけど、若い女の子というだけで無条件でまったく悩むことはなかった。

で、5時ちょうどに精神科に行ってみるとびっくり、まだ待合室に7人は待っている。一体全体なんで今日はこんなに混んでいるんだ? ともかくそれを見た時点で今日の診察は諦め、鹿島の試合を優先することに決定。診察を日曜日に変更してもらう。それでとっとと帰る。

帰宅すると5時15分、ちょうど試合の中継が始まる頃合。で、5時半キックオフ。なんでこんな中途半端な時間かというと、オーストラリアでアウェイでの試合だからだ。対するシドニーFCはグループ最下位とはいえ結構ポゼッションするスタイル。で、案外と球回しが上手い。鹿島はリーグ戦と8人を入れ替えてほとんどがサブ組という先発メンバー。そもそも金崎や昌子、小笠原といったところは帯同すらしていない。ほとんどサブ組のこのメンバーでどこまでやれるかなと心配しながら見始めたのだが、これが存外にいい。初めて見る植田と犬飼のセンターバックも危なげないし、特に守備がコレクティブに出来ている。すると、前半の40分に鈴木優磨のシュートを土居がヒールで合わせて先制。0-1とリードして後半を迎える。後半に入って二度ほど決定的なシュートを打たれたがGKの曽ヶ端がビッグセーブ、そうこうしているうちに終了間際にコーナーキックから植田がヘッドで叩き込んで0-2、あとは危なげなく試合終了。確かに曽ヶ端のセーブに救われた部分はあるけれども、試合全体を通して特に危ういと思った部分は実はほとんどなく、勝って当然という試合をこのメンバーで出来たことは収穫。後半途中から出てきたFW山口一真、初めて見たけれど十分やれそう。そんなわけで鹿島はグループ首位をキープ、次も今日と同じシドニーFCと今度はホームで対戦するので、それに勝てばほぼグループリーグ突破が決まる。とにかく今日の試合は結果内容ともいい試合だった。

夕食後の夜は経済指標とかもあるので相場が気になる。が、今夜は見(けん)に徹することにして、10時からドラマ「anone」を見た。その後はまた相場のチャートを眺めていたのだが、おさわり程度のポジションをすぐに利食いする程度であとは様子見。今週はここまでほとんど様子見をしている気が。収支も何もしていないのに毛が生えた程度。

とにかく今日は鹿島が勝ったことだけでいい日だったということにしたい。しかし今週は起きてみないと朝何時に起きるのかさっぱり予想がつかない。今日も天気がよく雪は順調に融けている。日曜日が雪という予報だがさて。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。