滂沱

2月11日、日曜日。

10時51分起床。何時にでも起きられると思った昨日とは対照的に、今日はノンストップでこの時間まで寝てしまった。長い夢を見た。朝食後、森岡先発のアンデルレヒトの試合をDAZNの見逃し配信で見ると昼食。それから特養に電話して、5日振りに母と面会。結局、区長に相談するか向かいの人に相談するか散々悩んでいる隣組長の件は、母に相談したからそれでいいかと。何も解決はしていないのだが、かといっていつまでぐだぐだと考えていても何もならない。

その後、先日完結編まで見終わったばかりの「JIN -仁ー」(第一シリーズ)をまた最初から見る。懲りない。やはりこれ以上の幸福というものを見いだせない。何しろ見たばかりだから委細覚えていて、途中まではなんとか泣かずに見ていたのだが、夜になって7話まで見て余命いくばくもない緒方洪庵を演じる武田鉄矢の圧巻の演技に涙腺が崩壊、滂沱の涙。いや、実際何をやってるんだろうと自分でも思うのだけれど。

その後は深夜0時15分キックオフの柴崎先発のバルセロナ対ヘタフェ、結果はスコアレスドローの0-0。柴崎は終盤に交代も決定機が2度ほどあり惜しかった。攻守にいいプレーをしていたと思う。

というわけで眠い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。