熱帯夜

6月10日、水曜日。

スマホによると今日は34度だったらしいが、ずっと冷房を入れていたので実際のところはよく分からない。しかし夕食を食べようと台所に移動するとむっとする暑さ。まるで夏のよう。蒸し暑さは夜になっても収まらない。

日中はトレードも今日は失敗続き。朝イチで損切り、ポジションをひっくり返して利食いしようとして今度は間違ってドテンボタン(いつもは表示させていない)を押してまた失敗。午後までになんとかプラスにはしたものの、夕方になっていらぬ損切り(そのまま保持していればプラスに転じていた)。という具合に今日はちょっと何やってもダメかもな感じだった。深夜というか早朝にFOMCがあるのでそもそもがよく分からない相場だった。

いろんなものが届く。つまりいろんなものを買っているということだ。まずは昨日ふと思いついてアマゾンでポチった五線紙用のバインダー。ちゃんと大きさを確認して買ったつもりだったのだが、リングの穴の幅が合わずこれまた失敗。光熱費の領収書にでも使うしかない。なんか物凄く損した感。ポイントを使ったので実質0円なんだけど。で、夕方になってよくよく考えて、五線紙のメーカーをググってみると専用のバインダーがあったのでポチる。ますますひとつ無駄な買い物をした感。

で、午後になってドラム音源(BFD3)が届く。というか実際は封筒に入ったシリアルナンバーが届いただけで、55ギガぐらいあるアプリケーションを自力でダウンロードする。とにかく容量が大きいのでインストールに時間がかかる。長いことかかってようやっとインストール出来たものの、今度は音が出ない。設定を何度も見直すが合っているし、MIDI信号も受信しているのに音をモニター出来ない。スタンドアロンでもDAWソフトのCubaseからでもダメ。「BFD3 音が出ない」でググっても分からない。高い銭を払って清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったのに……と唖然として楽器屋に電話してみても留守番電話。いよいよ顔が青ざめてくる。そこでようやくマニュアルを読む気になり、冒頭から読んでいくとなんのことはない、要するに楽器(ドラムセット)をダブルクリックで選んでいなかったというただそれだけのことだった。ようやく音が出てほっとする。というか、俺は一体何をしているんだ感が半端ない。なんだかいつの間にかパソコンが苦手なオヤジみたいになってる。これが老化というものなのだろうか。それにしてもBFD3、リリースが7年前というだけあってインターフェイスがちゃっちいというかいまどきのアプリケーションじゃないし、いまだに日本語化されていない。まあだから発売当初よりも安くなっているのだろうし、年内に出るという噂の4はもっと高い値段になるのだろう。機能的には問題ないというよりも高機能過ぎてとても使いこなせない。ま、基本生ドラムだけだからひとつ自分の使えるキットさえ作れればいいのだが。要するに2万円でドラムセットとドラマーを一人買ったと思うしかない。同じように、ベース音源も2万円でベースを買ったと思ってそのうち買うのだろう。馬鹿は死ななきゃ治らない。

それにしてもなんでこんなに暑いのか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。