神風

11時7日、木曜日。

8時20分起床。何故かは分からないけれど最近オートマチックに早起きしてしまう。で、煙草が増える。ぶっちゃけ、これを書いている現時点でもう32本吸っている。

今週はなんだかんだあってほとんどトレードらしいトレードをしていなかったので、今日は目一杯ドル円の買いポジションを持ったのだがこれがなかなか上がらず延々と含み損を抱えてしまい、わりと現実的なところにストップを置いて大敗もやむを得ないかなと思っていた。夕方母のところに行くとたまたま母の友人3人が来ていた。彼女たちが帰ったあとおもむろにスマホでチャートを見ると、まさにリアルタイムで突然ドル円が噴き上がったので一体何事が起こったのかと思い、スパイク(一時的な高騰)だと思ってプラスに転じたところですぐに利確してしまったらその後爆上げして唖然。せっかくしこたま買いポジションを持っているところに神風が吹いたのに……。後でツイッターを見たら米中が部分合意したというニュースだった。母のところから帰宅後、気を取り直して今度はユーロドルの売りのポジションを持ったら今度は下がらず売り上がる羽目に。またしても現実的なところにストップを置いたら夜にほぼストップ寸前のところまで上がり今度こそストップがつくものと覚悟したら、9時のBOEの発表を受けて一瞬ガタっと下がってプラスに転じたところで逃げた。また神風が吹いた的に思ったのだがなんのことはない、その後のユーロドルはひたすら下げて今見ると安値を更新していて唖然。なんだかせっかくやって来た幸運を片っ端から手放している感。

そんな感じで申し訳程度のプラスでもうトレードをする気がなくなり、例の彼女から物凄いクレームがついて大喧嘩になった曲の歌詞を書き直した。なんていうか、ただ単に彼女が誤解しないような無難な歌詞というのがコンセプトなものだから最初まったく言葉が浮かんで来ず、しょうがないので言葉数が合っているフレーズを書き留めて行ったらなんとなくサビ前まで出来て、苦労して無難なサビまで書くと、不思議なことに結果的にフルコーラスの歌詞が出来たのだが、これが自分が書いたとは思えないような恐ろしく恥ずかしい代物になり、これなら確かに彼女は怒らないだろうけれどもロマンチックのメガ盛りみたいなものになってしまったので恥ずかしくて今日のところは歌えず。まあ恐らく、歌入れをしてもちょっと第三者には聴かせられないと思う。なんつーか、ウィンナーコーヒーに角砂糖を2個入れたようなクソ甘いものになってしまったので。我ながら自分がこんな歌詞を書くとは想像もできなかった。

ああまたユーロドルがさらに下がり、気が滅入る。煙草吸い過ぎだしドン・ウィンズロウ「ザ・カルテル」を読み終わりそうなのでまだ早いけれども寝床に就こう。それにしても昨日から突然クソ寒い……。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。