哀しき獣

1月11日、金曜日。

ついこの先日まで4時半になると真っ暗になっていたのに、ふと気がつくと母のところから帰ろうとした5時過ぎの時点でまだ日が落ちていなかった。いつの間にか日が長くなっている。

9時15分、県立中央病院からの電話で起こされる。来週の火曜日、母の今後の予定について相談したいから来て欲しいということ。母本人は来なくていいということだった。いずれにしても母の診察券は必要なので、のちほど相談して特養の職員と一緒に行くことにした。

日中はちまちまと相場のトレード。その合間にあれこれ調べてパソコンが修理から戻ってから起動できなくなっていたDAWソフトのCubaseをようやく立ち上げることができた。一方でメールクライアントのThunderbirdがメールを受信できない件は、レンタルサーバに問い合わせてみたもののいまだ改善されず。何故読み込めないのか一向に分からない。

夜、アマゾンのプライムビデオでナ・ホンジン監督の「哀しき獣」を見た。

これでナ・ホンジン監督の長編映画は3作すべて見たことになるのだが、すべて圧巻の出来。そして、ウディ・アレン同様脚本もすべて監督が書いている。今もっともお気に入りで次作が楽しみな監督。もし自分の小説が映画化されるとしたら、一番撮って欲しいと思うのはナ・ホンジン監督。非情さと微妙なセンチメンタリズムとのバランスがとにかく素晴らしい。音楽の使い方、緊張感の持続の仕方、結末の落とし込み方、すべてが文句なし。北野武よりも全然上だと思う。エンターテインメントという意味でも。

今日はどういうわけか金曜日とか週末であるという感じがまったくしなかった。明日から世の中が三連休というのもまったくピンと来ない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。