続・橋幸夫

9月26日、火曜日。

まあなんていうか、実際問題として10時過ぎまで寝ていることは何の自慢にもならない。

朝食後、例によって相場の想定をしたのだが今日はよく分からない。よって一応暫定的な想定はしたものの様子見にしておいた。そんなわけで日中は相場は見に徹することにしたので、昼頃から業務に行ってみた。しかしながら今日は第2候補まで全部埋まっていたのでしょうがなく以前使ったことのある第3候補に座ったものの、座った途端にダメかもと。なんていうか右側の一本が足りない。たぶんこれでは駄目だろうなと思いながら仕方なく淡々とこなすとそれでも一応プラスに。だがさすがに粘る気にはなれず、2時過ぎには帰宅。

で、帰宅後パンの昼食を摂って相場のチャートに向かっているとああやっぱり橋幸夫(昨日の日記参照)。なんでこう昼食を摂ると橋幸夫になるのだろうか。仕方がないので例によってチャートの上下にアラートを置いて昼寝。で、約1時間後にアラートの音で目が覚める。問題はこの後だった。よく分からないとはいうものの、一応ユーロドルは戻り売りという想定をしていたのに、何故か気がつくと真逆の押し目買いをしていた。最初だけ上手く行ったのが余計よろしくなかった。懲りずにまた買いを入れて買い下がると案の定損切りを切らされる。ここでようやく、あれ、俺はなんで押し目買いをしているんだ?ということに気づいてひっくり返して売りに転ずるものの、なんでそうなったのかよく分からないが5時過ぎにまたも押し目買いをして損切り。そんなわけで昨日の利益分を飛ばす。馬鹿なのだろうか。結局、夜になってドル円の押し目買いに転じてトータル微損程度に戻す。っていうか、これまた利食いのタイミングが早過ぎて、そのまま持っていれば余裕でトータルプラスに転じていたのだけれど、今日のところは何故か微損で済んだからナイス、という気分であった。ちょっとレベル低いんだけど。

それはともかく、今日は7時間睡眠出来ていたのになんで昼寝する羽目になったのか。7時間じゃ足りないのだろうか。しかし、そうはいうもののいい大人が8時間も寝ていいものだろうか。そもそも7時間寝るのに苦労しているぐらいだから、ストレートで8時間眠れる自信がないし、実際に寝るとたぶん寝過ぎの頭痛がするだろう。大体に於いて、いつから7時間睡眠で足りなくなったのだろう? 元々完徹とか出来ない(翌日ぐらぐらになって)タイプではあったけれど、ずっと5・6時間の睡眠で足りていたような気がするのだが。ただ単に気がするだけなのだろうか。いずれにしても、これだけ毎日昼寝するというのは。幼児じゃないんだから。どうすれば昼寝せずに済むのだろうか。本当にスペイン人やイタリア人は毎日2時間も昼寝(シエスタ)するのだろうか。うむむ。

ともあれ、明日頑張ろう。と思っておく。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

橋幸夫

9月25日、月曜日。

その、なんで毎日努力して二度寝だの三度寝だのしてわざわざ遅く起きているのか、自分でもよく分からなくなってる。要するに睡眠時間が足りないということを過度に気にしているということなのだろうが、それだけ後で眠くなるということでもある。しかしながらこの場合の解決方法として「遅く起きる」ということにばかり執心してしまうのだが考えてみれば「早く寝る」という方法論もあるのだな。つか普通はそれが当たり前。つまり当たり前のことが出来ない。

とにかく、朝食後に相場の想定をしてちょっと打診買いもすぐ決済、指値を置く。あとは待つだけなのだがこれがやっぱりなかなか出来ず、結局業務へ。なんでこうなるのか。ともあれ煙草休憩のたびにWiFiでチェックしていると、昼過ぎに指値が成立してた。一応2時過ぎに業務の方は格好がついたので切り上げて帰宅。帰宅後、一応指値はプラスになっているものの、念のためにさらに追加しておく。すると、ここで案の定睡魔が。いわゆるところの橋幸夫が。なんで相場のポジション持っているのに眠くなるのか。含み損を抱えていたらたぶん眠くならないんだろうが。しょうがないのでチャートの上下にアラートを置いてベッドに潜り込む。1回目のアラートで目が覚める。ベッドから眼鏡をかけてディスプレイを遠目に見るとまだ大丈夫そう。と思った途端にまた意識を失う。2回目のアラート。さすがに起きる。というところでようやっと顔を洗って気合いを入れ直す。ま、そんなものがあればの話だが。という具合に橋幸夫的にはかなり危機一髪な感じではあったのだが、その後指値が3つ追加で成立したこともあり、ドル円とユーロドルの両方のポジションを同時に持ったのでもう眠いだのへったくれだのとは言えなくなる。しかしながら今日のところは夕方までに結果的にそこそこいいタイミングで利食いをしたことになる。なので、まあ大したプラスではないのだが週明けの月曜日でもあるし今日の仕事はここまでとする。

頃合は5時過ぎで外は日が傾いている。手持無沙汰になったので、暗くなるまで庭の草取りをしようと。で、丈の高い結構難物なものを渾身の力を込めて引っこ抜いていたのでものの12・3分でカラータイマーが点滅してギブアップ。実際のところ、すっかり日も短くなって5時半過ぎにはもう暗くなる。

と、ここまで書いたところでふと相場のチャートを見てみると、日記を書いているうちにいつの間にかドル円が急落している。一体何が起きたのかと思ったら、北朝鮮の外相の発言か。トランプの発言は宣戦布告だとか、領域外でも米の爆撃機を撃墜するとか。一体何を考えているのか。もう少しあとさき考えて発言出来ないのか。

話の腰というか、日記の腰を折られた。えーとその後は……母のところから帰宅後夕食、その後は特に何をしたというほどのことはなく今に至る。

しかし北朝鮮の問題が一服しないと東京方面に行く気もしないなあ。ミサイルの飛んでくる確率で考えると、明らかに山形の片田舎の方が安全だもの。それはそうと、本日ユニクロのサイトで検索をかけたところ、やはりもうカーゴパンツは取り扱ってないようだ。理由はよく分からないんだけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カーゴパンツを探して

9月24日、日曜日。

今日はこれといった予定もなく起きた時間も時間なので、先日カーゴパンツが1本ダメになってしまったので午前中にでも隣町のユニクロに行こうかと……思っていたのだが、何がどうなったのか、まず頭痛がした。それで治まるまで少し眠ろうと昼頃にベッドに。で、目が覚めるとなんと3時近かった。2時間半も気絶。なんか頭痛もすっきりした感じがしない。結局、隣町(東根)のユニクロに車で向かったのは4時過ぎだった。

で、実に久しぶりにユニクロ到着。するとなんということか、カーゴパンツが1本もなかった。マジか。いつからユニクロはカーゴパンツをやめたんだろう。

そんなわけで反対側の隣町(寒河江)のマックハウスというユニクロのばったもんみたいな格安衣料品店に。そこでようやく数本のカーゴパンツを発見。しかしなんか安っぽいし、サイズMのものがほとんどない。と思ったら、黒のMが1本だけあったので試着してみて同じく黒いTシャツと一緒に買った。なんでカーゴパンツじゃなきゃダメなのかというと、僕の場合携帯電話(ガラケー)とWiFi端末、デジタルカメラとして使っているiPhoneの2つを持ち歩いているから。さすがにこの2つを両方の尻のポケットに入れて持ち歩く気はしない。なんでiPhone一台に統一しないのかというと、そもそもこのiPhone(4S)は5年前に悪性リンパ腫で治療入院した際に当時携帯をauからソフトバンクに替えたI泉さんと話すために、ソフトバンクのiPhoneを買ったのだった。入院中はこれで日記を更新していた。結局その後I泉さんとは連絡が取れなくなってしまったのでソフトバンクは解約してただのデジカメあるいはWifi端末としてだけ使うようになって今に至る……というわけ。(携帯はいまだにauのを使っている)

ついでに隣の業務スーパーでマーガリンを買い込んで帰宅。なんで最近マーガリンの消費スピードが異様に早いのかと思ったら、考えてみればこのところ昼食にはもっぱら湯こねブレッドにマーガリンを塗りたくって毎日食べているので当たり前だった。

買い物から帰宅するころにはもう日が暮れかかっていた。帰宅して早速カーゴパンツとTシャツを新しいものに着替える。するとなんか気分が随分と違う。980円の安物のTシャツでもこんなに違うのかと感じるのは、いつもよれよれに伸び切ったTシャツを着ているから。6時半過ぎに母のところに。

夜はDAZNの見逃し配信で森岡先発のベフェレンの試合(アンデルレヒトに2-1で敗れる)を。この試合の森岡はこれまでよりも若干精彩を欠いていたが、前半のGKと1対1になった決定機を決めきれなかったのが残念。しかしこうして見ると森岡はベルギーリーグに混じっても体格的にまったく見劣りしない。それに比べるとヘタフェの柴崎岳は先日のバルセロナ戦とか見ていて、向こうの人が「細い子」と呼んでいたように、一人だけ少年が混じっているように華奢に見えた。そう考えると森岡はフィジカル的には恵まれていると思う。後はもう少しスピードとプレー強度を上げれば代表は自然とついてくる。

その後、大迫先発のケルンの試合(アウェーのハノーファー戦)を見たが、連敗の泥沼中のケルン、かなり重症。組織としてのコレクティブなサッカーがまったく出来ていない。連動性というものがない。いうなれば個の力に任せた行き当たりばったりのサッカー。特にそれが目立つのが攻撃時で、動き出しやフォローがほとんどない。なのでボールが繋がらない。今日のところは大迫の出来も酷かった。特にパスミスが目立った。結局スコアレスドローに終わったこの試合、ケルンの最大の決定機は左サイドからのクロスにゴール前で合わせた大迫のシュートだったが、目の前のGKのファインセーブに阻まれる。ケルンは後半になってまず大迫、次にコルドバ、ビッテンコートといった具合に結果的には先発した前線の3人を全部交代させるということに。しかしこれだけ共通ビジョン、アイディアのないサッカーをしていると、普段一体どういう練習をしているんだという感じで、モデストの穴云々以前の問題のように思える。

それはそうと、今日は買い物に出かけた夕方以降、左胸にときどき痛みが走る。煙草のせいだろうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

逆転

9月23日、土曜日。

もう今日は鹿島対ガンバ大阪戦での鹿島の逆転勝利(2-1)に尽きる。最後、アディショナルタイムにコーナーキックから植田のヘディングが決まったときは全身が総毛立った。超興奮。

そもそも今日の試合はいつもスーパーセーブでチームを救っている曽ヶ端が、右に指示を出してよそ見をしている間にガンバのファン・ウィジョにシュートを決められるという超凡ミスでの失点から始まった。その前の天皇杯でのチームの出来も、勝ちはしたものの決してよくなかったという情報も入っていたので、試合開始早々に失点してしまい気が気ではなかった。しかしながら今の鹿島は失点しても誰一人焦ることがない。もちろん失点しないのが一番いいのだけれど。中二日での試合というせいなのか、前節ハットトリックのレアンドロもフィニッシュの精度を欠く。鹿島の選手は誰も焦ってはいないが見ている僕は焦っている。スコアが0-1のままで前半の終盤を迎え、中村充孝が倒されてPKゲット、これを金崎が蹴るのだがなんか嫌な予感が。すると案の定GKの東口にはじかれ、ああやっぱりーと思った瞬間レアンドロが押し込んで同点。この、嫌な予感を覆す同点ゴールが大きかった。しかし後半になって淡々と攻め続ける鹿島だが、決定機を作れど作れど決まらない。なんでこれ外すの?なんでこれ決まらないの?みたいな。見事に崩してもシュートが枠を外すかあるいはGKに止められる。むむむむむーと見ている方は気が気ではない展開のまま最後のアディショナルタイムの逆転弾、なんていうかこれ以上溜飲の下がる展開はあるのか、って感じで。今日の千両役者は植田だった。

見ていて凄い疲れる試合だったのでカタルシスが凄かった。なんていうか、攻め続けても攻め続けても一向にゴールが決まらない中で、それでも淡々と攻め続ける鹿島の選手たちの強さに感慨もひとしお。俺もこれぐらい強ければなあと思うのだった。これで2位とは勝ち点差が8に広がったがまだ7試合ある。今年リーグ優勝するかしないかでは獲得賞金から言っても雲泥の差があるので、とにかく鹿島には勝ち続けて優勝して欲しい。それまで気が抜けない。巷ではなんでこんなに強いのかという声も聞かれるが、毎試合見ているとそこまで万全な横綱相撲をしている感はない。とにかくひとつひとつ勝っていくだけ。

……

とまあまだ興奮冷めやらぬ感じなのだけれど、今朝は9時19分起床。土曜日なのだからもう少し寝てもよかったのだけれど、今週は微妙に早く目が覚める。今日は午前中から業務に行ってみるが不発で玉砕。というか、昨日クオリティが足りていると思ったネタが今日は足りなかった。もしかして叩かれたのを気づかなかったとすれば、僕もヤキが回ったということか。単なるムラかもしれないが。帰宅後アラームをかけて昼寝後、4時半ごろに母のところへ。以下冒頭に戻る。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

仲人?

9月22日、金曜日。

朝から少し頭痛がして朝食後に頭痛薬のアドヴィルを飲む。そんなことをしている間に北朝鮮が太平洋で水爆実験をやるだのという発言でドル円が下落してた。遅ればせながらちまちまと売っていたんだけど、かといってどこまでも下落する感じでもなく。それでいて前述の発言をした北朝鮮の外相が明日(?)国連で演説をやるというのでちょっと危なっかしくて今日はあまりトレードする気になれない。今日は夕方の5時に歯医者の予約がある。昼過ぎから業務に行ってみる。で、使えそうなネタを確認してそこそこ格好がついたところでさっさと帰宅、4時ごろまでまたちまちまとトレードしてから、トイレのタイル掃除、玄関の掃除、夕飯の米の仕掛けと家事を済ませる。歯医者はほとんど待たずに済んだが義歯を作ったので結構医療費がかさんだ。

例によって6時半ごろに母のところに。どうやら今日は目が痛くなることはなかったようで、それほど心配することもないようだ。今日の母は困った困ったとしきりに悩んでいて、何かと思ったら仲人をやる、僕に女性を紹介すると熱心に言う老婆がいるということだった。一瞬、付き合うだけでいいんなら紹介してもらおうかなとか頭をよぎる(笑)。ひとまずは放っておけばいいと言っておいた。母の左足の浮腫みが酷くなって一時外出時に靴が履けなくて困るので、普段特養で履いている左右で大きさの違うスリッパ(のようなもの)を外出用にもう一足買って欲しいと職員に頼む。

相場はうだうだしているだけだし前述のような感じなので夜は自粛。明日の予習というか復習に前節の鹿島の試合をDAZNでもう一度見ておく。ギター少々。今日のところは一日大人しくしていたという印象。そういえば冬以外の年の4分の3穿きっ放しのカーゴパンツ、2つをとっかえひっかえ穿いていたのだが今日ひとつが壊れた。一度ボタンが取れて自分で縫って直したのだが今回は修復不可能。なので明後日あたり久しぶりにユニクロに行くかと。

おっと、CRCK/LCKS(クラックラックス)のライブ動画、新しいのが来た。これも限定配信らしい。小田朋美の裸足が最高。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

逆境

9月21日、木曜日。

なかなか何事も上手くいかない。ここでちょっと弱音を吐こうかと思って二行ほど書いたんだけどやっぱり消した。所詮僕はまだまだ甘い。

いまだにもって上手く睡眠が取れない。どうしても朝起きてしまう。今日は最初起きたのは5時台、次に目が覚めたのが7時台で結果的に三度寝したものの7時48分に目が覚めて観念して起きた。当初その割には案外と眠くないぞと思っていたのだが、朝食後少し経つとじわじわと眠気が案の定やってきて午前中に一度気絶、午後もまた眠気が襲ってきて少々気絶と、なんともリズムがよくない。どうしてもまとめて眠れていない。そういえば最初に心療内科を受診したころ(2000年)もそうだった。医者は分断眠とでもいうのでしょうかと言っていたが、あのころは数時間ずつ何セットかでしか眠れなかった。そう考えると今の方がまだましなのかもしれないが。

日中は眠気と闘いながらちびちびと相場のトレードをスキャルピングでやっていたのだが、一度50ピップスぐらいの損切りを切らされれて苦労する。夕方までに35ピップスぐらい取り戻してはいたのだが、夜になって指標時からドル円に手を出してやられ、ユーロドルに手を替えてやられと散々、結局50ピップスのマイナスの時点に戻ってしまったところで今日のところは諦める。

例によって6時半ごろから母のところに行ったのだけれど、今日の母は右目が痛いというのでどうすればいいのかと。どうやらずうっと痛いわけでも、激痛というわけでもなさそうだが、どんな風にいつごろ痛いのかと訊ねても分からないというので困る。見ると特に目が充血しているわけでもなかった。しょうがないので職員に明日も目が痛いというかどうか気をつけてもらうことに。これが続くようであれば眼科を受診させようかと。これが自分の目が痛いのであればとっとと眼科に行くのだけれど。具体的にどんな痛みでどの程度なのかというところが分からないので判断が難しい。結局僕がいる間は目は痛くなかったようだ。

今日は朝起きた時間が時間なので、朝食後、このペースでは今日の煙草は30本に到達してしまうのではないかと心配したが、そこはそれ、二度の気絶とかで微調整が出来てなんとか新記録を樹立せずには済みそうだ。現時点で23本。

どうにも消化不良な一日、ぱっとしない一日だった。どこかで気分転換を考えないと。夜中になって少々ギターを弾いてはみたのだけれど。どうも気分的に逆境。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クラクラ

9月20日、水曜日。

真面目な話、本当に久しぶりに7時間眠れたのが二度寝っていうのは。なんで最近中途半端なところで目が覚めるのか、よく分からない。今日は4時に精神科の予約があるので、相場は基本全部指値で行こうかと。そのつもりで指値を置いて業務に行ったのだが、その業務の方はネタ的に本当に厳しくなった。この調子では来年2月の規制を待たずに使えない感じになるか。そのまま精神科に行ける準備をしていったのだが3時ごろ帰宅、で、つい成行で相場のポジションを取ってしまった。そのまま買い下がる形になり、これでのちのち計画が狂う。

精神科は例によって直前に電話を入れて何時に行けばいいか確認したのだが、今日はすぐ来てくださいという。それで行ってみると本当に全然待たずに診察。最近ずっと待たされることばかりだったのでこれにはびっくり。医者は完全に煮詰まっているので、ただ単にいつもの薬をもらいに行っているのと変わらない。先日の抑うつ状態のこととか気晴らしがなかなか出来ないとか睡眠時間のこととか相談するのだが、どこか世間話めいて。

精神科から帰宅後、また成行で追加のポジションを取ってしまう。これも余計だった。結局、母のところに面会に行っている間に指値はひとつを残して全部成立していたのだが、途中で成行でポジションを取った手前、当初よりも指値のロット数を減らしたのがこれまた結果的には裏目。案の定な結果論からいうと、一番最初に置いていた指値のままにしていれば問題なかった。結局、夕飯を食べながら含み損を抱えるストレスに耐えられなくてプラスに転じたところで微益で利食い。これも結果的にはそのまま我慢していれば15ピップス×6で90ピップスぐらい取れていたのだけれど、今日は深夜にFOMCの発表があるのでどっちにしても怖くてそこまでは持てなかった。という具合に今日もまた勉強になった。ということにしておく。

それはそれとして、中継がスカパーなので見れなかったのだが天皇杯の鹿島は4-2で浦和を下して一安心。ツイッターのタイムラインを見ていて途中2-2と追いつかれたので気が気ではなかった。

その後、CRCK/LCKS(クラックラックス)のライブの動画を見て鼻血が出そうなほど興奮。

一応リンク貼っておくけれど限定配信という噂もあるので今のうちに見ておくことを薦めます。とにかくめっちゃカッコいい。

今夜はこの後1時半からブンデスリーガのケルン対フランクフルトの試合中継があるのだが、大迫先発だったら見たいのだけれど試合終了まで見ると3時半というのはちと洒落にならないな……。明日見逃し配信で見るのが無難か。

あ、夜久しぶりに風呂の掃除をした。で、入浴前に体重を計ると何故か昨日よりも600g減っていた。身に覚えがない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ボクたちはみんな大人になれなかった

9月19日、火曜日。

燃え殻「ボクたちはみんな大人になれなかった」読了。

ともあれ、それほど長い小説でもないということもあるけど読みやすく、リーダビリティは素晴らしい。ときどき会話の部分でどちらの発言か分からなくなることはあるけど。ただこの小説が言われているほど切ないかというとそれは微妙。むしろ彼女の存在にしろ何にしろ中途半端なところが魅力になっている気がする。そうした宙ぶらりんの気持ち。僕らは常に中途半端で、宙ぶらりんで、地に足がついていない。一番危ういのは関係性で、不意に失われたり再びくっついたりする。

そういえばうつ病が酷かったころ、毎晩電話で話をしていたI泉さんとはかれこれもう5年以上連絡が取れない。というか、今となっては電話をかけることすらためらわれる。それがどのタイミングでぷつりと途絶えたのかは今となっては思い出せない。I泉さんと連絡が取れなくなってから毎晩電話していた母は、今はもちろん携帯を持っていないし話しかけてもスムーズに返事が返ってこないので話が続かない。人間の関係性とは、コミュニケーションひとつとってもそんな風に危うい。かつて会社の同僚だったユカリとは、5年振りぐらいに電話で話して、「また電話するよ」と言ってからもう2年ぐらい経つ。うちから徒歩5分ぐらいのところに住む同級生のニシダともそういえばもう2年ぐらい会っていない。こんな風に、僕らが思っている以上に気がつくとお互いの距離は遠かったりする。

——————–

今朝は二度寝を試みて失敗して8時24分起床。どうも7時間睡眠が取れず、そこからして調子が狂う。どうしても眠いというところから一日が始まる。朝食後、相場の想定をしてから仲値までのタイミングでちょっとトレード。その後今日も業務。が、尻すぼみの展開ですごすごと帰る。業務から帰るころには今日は暑かった。で、一番調子が狂ったのは、その間に午後になってから日経平均が馬鹿みたいに上がり、それに乗じてドル円が闇雲に上がってしまったことだった。それでなんか完全に相場には乗り遅れてしまったと思い(実際そうなのだが)帰宅後に昼寝。で、目が覚めて夕方近くなり、なんとなくドル円の買いのポジションを取ってしまった。このなんとなくがいけなかった。今日はとにかく損切りが下手過ぎた。その後ずるずると買い下がり、一瞬あった逃げるタイミングも逃してしまう。で、結局母のところから帰宅してからようやく損切り。で、その後も押し目を買っているつもりで買い下がって、ここまで深い押し目になるとは夢にも思わず結局また損切りという完敗だった。夜のトランプの演説をちょっと甘く見ていたかも。で、結果的には最後に取っていたポジションをそのまま保持していれば……というよくあるパターン。下手過ぎ。今日のところは勉強になったと思うしかない。

それにしても、どうもここのところ中途半端に早い時間に目が覚めて睡眠が足りないというパターンが続いている。なんでかな。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アフター・ザ・フェスティバル

9月18日、月曜日。

という具合に起きたので、朝食後もなかなか眠気が抜けず11時ごろから1時間ちょっと昼寝。眠いだけかと思っていたのだが、昼寝から目が覚めてみるとそうじゃなくて身体が重いということに気づいた。日中は笑っちゃうぐらい体調が悪く、結局午後もまたベッドに潜り込んで昼寝をせざるを得なかった。世の中的には三連休の最後、で、地元の祭りの最終日、天気予報では午前中台風で雨ということだったが、予想よりも台風が早く通り過ぎたのか午前中から青空で午後は秋晴れ、そんなわけだから祭りの囃子屋台が無闇に張り切って全開、今日の日中は暑かったので窓を開けざるを得ず、まるで町中が爆音でカラオケ大会でもやっているような祭りの喧騒にほとほと参った。

そんな感じで体調が悪かったのだが、昼過ぎから相場のポジションを持ってしまう。今日はスキャルピング(超短期取引)ではなく最初からデイトレードもしくはスイング(中長期)のつもりだった。昼寝後に買い増し。

夕方になってようやく体調がましになってきたので、庭木の剪定を自力でやってみようと一番大きな脚立を立ててヒバの剪定を試みるが、高所恐怖症的に怖くてダメだった。脚立の上で両手を使ってハサミを使うのは俺には無理。なので、地面の上から出来る範囲で庭の松の木の枯れている部分を切った。

いつものように6時半ごろから母のところに。夜勤の人の話によると、この辺でも朝の5時半ぐらいは凄い風だったそうだ。ということはやはり台風は通過していったということらしい。

母のところから帰宅後も外は祭りのラストスパートに入ってやかましいことこの上ない。それはともかく、順調にプラスになっていたはずの相場のポジションが押し目になって一瞬マイナスに転じて焦る。というところでポジションをさらに追加。結局夕食後、10時前に利確してしまったがまあまあオーケー。100ピップスまではほんのちょっと届かなかったけれど。それよりも、ユーロドルの買い指値を途中で外してしまったのが痛い。そのままにしておけばピンポイントで底が取れていて、50ピップスぐらいいけた。今日のところはドル円の押し目買いで頭が一杯一杯だったのでしょうがないか。そこまでの余裕がなかった。

去年だか一昨年だか、うちの町内会が祭りの当番のときは夜の11時ごろまで騒いでいて辟易したものだが、今夜のところはなんとか9時半過ぎには静かになった模様。まだちょっと身体がだるく日中の体調の悪さが少々残っている。寒くなったり暑くなったりするので体調を崩したのかな?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

祭り第二夜

9月17日、日曜日。

台風の影響で雨、で寒かった。

午前中は曇ってはいたがまだ雨は降っていなかった。しかし庭の草取りをせず、相も変わらず業務へ行ってしまった。それも何故か、今日は頑張ってみようなどと。ところが、やっぱりというか案の定というか、もう昔のように淡々と粘ることは出来ない。体力がない。疲れてきてやる気が失せてくるのも体力がないせいだと思う。なので3時前に帰る。

すると冒頭に書いたように寒かった。あんまり寒いのでベッドに潜ったがそれでも寒くて布団の上にさらにタオルケットを掛け、1時間ほど昼寝。不思議なのはツイッターのタイムラインを見ても寒いと呟いているのは僕だけなのだった。これではまるで日本一の寒がりみたいだ。

午後はずっと雨だったので今日は祭りの屋台も鳴りをひそめているように思えたのだが、雨が小降りになった夜になると囃子屋台のやかましいこと。夜の9時半過ぎに子供たちにがんがんに笛太鼓をやらせて、大音響でここで1曲ご披露しますって、カラオケかよ。とにかく近所迷惑なことこの上ない。

今日もまだ昨夜の柴崎のスーパーゴールの余韻に浸っている。で、柴崎の怪我の具合が気になるのだが、いまだにもって続報がない。試合後に病院に行って検査を受けたそうだから、とすると軽症なのかな。今日はDAZNの見逃し配信で森岡先発のベフェレンの試合を見た。

夜は「情熱大陸」が大迫勇也だというので見た。で、この後その大迫先発のケルンとドルトムントの試合があるので今日はこの辺で。

カテゴリー: 未分類 | コメントする