再開

7月4日、土曜日。

って今日土曜日なんだ。すっかり日曜日だとばかり思っていた。そんなわけでJ1がやっと再開した。

川崎 2-1 鹿島。

また負けてしまった。オウンゴールで1点は取れたものの。っていうか、川崎の1点目は明らかなオフサイド。で、後半染野がエリア内で倒されたシーンはVARがあったらPKもらえてたはず。などとは思うものの、負けは負け、2節終わっていまだに鹿島は最下位。特に2失点した前半はいただけなかった。内田篤人はミスを連発してもう終わったのかなという出来だった。ファン・アラーノを使い続ける意味がいまだに分からないし、土居聖真を途中で下げるのも分からない。実際に結果が出ていないのでいまだ監督のザーゴを信頼出来ない。彼が何をやろうとしているのか、そして果たしてそれは正しいのか。ただ特に選手交代してからの後半は押しまくったし、バーを直撃した染野のシュートに鹿島の未来を見た気がする。いずれ染野は大迫を超える気がする。

という具合に夜はひたすら悔しい思いをしたのだが、日中はというと午前中はとにかく寒くて参った。パーカーを羽織っても寒くて布団に潜り込んだら少しばかり寝てしまったし。午後は曲書きをしようとしたものの、どうも上手くいかない。というか、DAWをアップグレードして音源やらプラグインを買いまくってからというもの、肝心の曲をただの一曲も作れていない。確かにずっと抑うつ状態が酷かったけれども、それとはまた別に曲を書くというモチベーションが何故か一向に上がらない。イメージが湧かない。これは困ったものだ。別に曲を作るのが仕事ではないから特に困ることはないのではないかとはなかなか思えない。何もしないということがなかなか出来ないし、ストレスになる。考えてみると30代のころ、夏に会社の別荘に行って一週間一人で何もしなかったというのが嘘のようだ。同じ人間とは思えない。あの山荘はテレビの映りが物凄く悪かったのでテレビを見ていたわけでもなく、松任谷夫妻が録画した映画のビデオ(ベータだった)も画質が悪くて見れたものじゃなかったし、特に遠出したわけでもなかった。ネットというものは当時まだ普及していなかった。山の中を散歩ぐらいはしたような気もするがただそれだけだ。とにかく何もしなかった。たぶんそれは何もしたくなかったからだろうし、何もしないということに罪悪感を覚えることもなかったからだろう。別荘からの帰り道、途中で研ナオコを見かけたことだけが妙に記憶に残っている……。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

邂逅

7月3日、金曜日。

カレンダーをめくるのを忘れていて、昼間気づいてめくった。

村上龍「MISSING 失われているもの」読了。

途中から「わたし」に語りかける母親に正直閉口。別にこれはネタバレでもなく要するに「わたし」はわたし自身と対話を続けているのだが、延々とアイデンティティが揺らぐ様を繰り言として聴いている(つまり読んでいる)のも少々辛いものがあった。この作品は村上龍が新境地を切り開いたと評判になっているが、結局のところ最後まで読んでもあるのは書き手としてのカタルシスであって読者にとってのカタルシスではない。例えば僕であれば読んでいて求めるのは憑き物が落ちることだが、逆に最後まで憑き物は増えていく一方であった。たぶん読者によって感想が大いに異なる小説。ある意味文学的ではある。

今日はアメリカが休日なのでトレードは申し訳程度。というか、 Axioryが1日からお中元キャンペーンというのを始めて、またしても条件(3か月で300万通貨のトレード)をクリアすれば3万円のボーナスが口座に組み込める(出金出来る)ということをやっているので、それを消化するためにだけやっている感じ。よくよく考えてみるとたった3万円のために延々と一ヵ月もトレードをするのはなんか違うような気がしないでもないが。ひとまずこれまでの4分の1という小さいロットでやっているので、いろいろと自分のトレードを見直すきっかけにはなっている。それに当然やるのはスキャルピングだけ。

夕食後の夜、例によって猛烈な眠気が襲ってきたがそれをなんとか克服すると、たまたまYouTubeの動画を見ていたら先日インストールしたフリーのシンセソフト、dexedをDX7と聞き比べるというものを見て、改めてDX7の懐かしいエレピの音が欲しくなり(何故かdexedのプリセットには入っていない)、ググってようやっと見つけた。

ここ最近の買い物で大量の音源が手に入ったが、結局一番感動したのは自分が粗大ごみで出したDX7のエレピとは、自分でもびっくり。DX7が発売された1983年、僕は目黒のヤマハ(いわゆる財団)でバイトしていた。そこで林哲司の事務所でアレンジャーとしても活動していたキーボードの山下さんにDX7が凄いといろいろと教えてもらったのだった。当時100万近くしたと記憶しているシンセ、GS-2を欲しいならあげるよと上司に言われたので倉庫に見に行ったら巨大な家具というかアップライトピアノぐらいの大きさがあったので断念したのを覚えている。もちろんその後僕はDX7を買った。

それから17年近くが経過して、当時付き合っていた人妻へのプレゼントとして久しぶりにDX7のエレピを弾いて曲を一曲作った。その後DX7はケースから出されることもなく10年ばかりが経過して、たまたまうちに遊びに来たヨウタロウがこんなに綺麗なDX7は見たことがないと言った。結局そのDX7も離婚後の引っ越しのときに粗大ごみに出してしまったのだった。

それにしてもDX7のエレピは今聴いても素晴らしい音がする。一体どんな人がこの音を作ったのだろう? そして、この音が完成したときはどんな気持ちになったのだろう? 前述のサイトからダウンロードした中にはDXシリーズの最上位機種であるDX1の音も入っていたが、DX1のエレピよりもやはり初代DX7のエレピの音の方がいい音だった。

それはともかく、明日ようやくJリーグが再開する。なんと中断の長かったことか。サッカーのある生活が戻ってくる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

モチベーション

7月2日、木曜日。

なんだか困った。今日は昨日までほど抑うつ状態は酷くなかったが、何故かは分からないが日記を書くモチベーションが下がっている。これといってさして書くこともないような気がするし。実際のところ、よく考えてみると毎日何かしら書くことのあるような生活を送っているわけでもない。日常は日常でしかなく、毎日が非日常だとちと困る。今日それほど抑うつ状態が酷くなかったのは8時間近く眠れたからかもしれない。昨夜はあまりにも抑うつ状態が酷くて、寝る前に前倒しで安定剤を一錠飲んでみたくらいだった。

あ、そういえば昨夜ボサの曲のピッチを修正したものをアップしたのだった。忘れるところだった。

そういえば今日回覧板が回ってきて今年の祭りでは囃子屋台を辞めるという嬉しい知らせ。この静かな町がうるさくなるのは選挙のときと祭りのときだから。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

一回休み

7月1日、水曜日。

今日は夕方から抑うつ状態が酷くてマジでダメな状態。煙草を吸っても美味しくないというのはかなりヤバい。よって今日の日記は休み。何も出来ないし。今気休め程度に安定剤一錠舐めてみたけれど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日々の泡

6月30日、火曜日。

何故だかよく分からないけど8時前に起きた。当然眠かったので昼ごろ、彼女が来るのを待っている間にちょっとうとうとする。それにしても最近は起きる時間が毎日ころころと変わってまるで予測がつかない。先日処方薬局で平均睡眠時間はと訊ねられて絶句したのもそのせいだ。

1時過ぎに彼女がやってきて、二人で隣町のカフェに向かったのだが何故かネット上の住所にカフェはなく(電話には出たのだが)、仕方ないので隣にあった喫茶店で昼食をとっているとその間にどういうわけか相場が反転。帰宅後夕方まで二人でうだうだと話していたが結局その間に損切りせざるを得なかった。6時ごろに彼女は帰って行った。その後の夜も相場は昨日までのセオリー通りには動かず、考えてみると今日は月末なのでそのせいだろうか。夜、嫌な予感がしてドル円を損切り、金のポジションだけを保持したがニューヨーク時間になっても今日の動きはよく分からず、指標後に利食いするとある程度予想は出来たがその後嫌がらせのように金が爆上げして唖然。ドル円を切ったのはそこそこ正解。というか、今日は持ったポジション自体は全般的にそんなに間違ってはいなかったのだけれども、イグジットのタイミングが難しかった。どのポジションも利食いしようと思えば出来たし、同時に放っておけばストップがついていた。

蓋を開けてみるとなんだか何事もなかったかのように二人で話をしていたが、彼女は体重が増えたせいなのか外見や雰囲気は変わってしまった。それを言うなら僕自身も体重がこの半年で5kgぐらい減ったのでそれなりに変わってはいるのだろう。なんだかよく分からないまま日々は過ぎ、僕らはちょっとずつちょっとずつ年を取る。

早起きした分煙草の本数が増えた。前回つけてもらったばかりの前歯がまた取れそうなのが気がかり。たぶんヤブ医者なんだと思う。今日またアマゾンで買い物をしてしまったのは内緒。あとひとつ買えばもう買うものがなくなる。もちろん、銭もなくなるけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

手紙

6月29日、月曜日。

朝10時近くに起きた。今日は彼女の誕生日だった。なんだかずっともやもやしたので昼ごろにLINEのブロックを解除した。午前中に電話して予約し、午後の3時に特養で母と面会した。母は相変わらずそれなりに元気そうだった。面会中、彼女から電話がかかってきたが面会中と言うと7秒で切れた。帰り際、駐車場の車の中でLINEに誕生日おめでとうとだけ打った。特養から帰宅すると、郵便受けに手紙が入っていた。普通の茶封筒で切手も貼ってないし宛名もないが封はしてある。なんか不気味だ。なんだろうと思って台所で開封すると、彼女からの謝罪の手紙だった。どうやら留守中にうちに寄ったらしい。手紙は手書きで筆圧が強いのが分かり、修正液で修正してあったり一生懸命に書いたのが分かるものだった。それによると、どうやら誕生日のプレゼントにアマゾンで買った掃除機は今日の午前中に届いたようだ……。

中略。複雑な思いがあった。以下略。

夕方、昨日半日かけてインストールしたKomplete12の音を確かめてみた。

というわけで、Funk02のブラスを差し替えてみた。思ったよりいまいちだけれどもそれなりにアーティキュレーションはつくようになっている。がしかし、差し替えてオケの中で聴くといまひとつリアルではなかった。結局こういうのを突き詰めていくと専用音源を買うしかなくなる。

今日も散歩がてらコンビニまで歩いて往復した。夕食後から抑うつ状態が酷くなり、手が痺れてきて気分が酷く悪くなってきた。凄かった。凄まじい抑うつ状態で、書斎のソファに横になったもののこのまま死んでしまうのではないかと思ったくらいだった。何も出来そうにないが何もしないと本当に死んでしまいそうだったので、とりあえずなんとか起き上がって机に向かい、なんとなく先ほどのFunk02のミックスとマスタリングをしてみたが酷い気分だった。どう考えてもトレードが出来る体調でも精神状態でもないので、次に試用期間の補正ソフトを使ってボサの曲のボーカルのピッチ修正を始めたところ、思った以上に自分の歌のピッチが悪く修正に集中せざるを得なかった。それでようやく抑うつ状態は少しだけましになった。それにしても例のボサ、曲のせいでボーカルが音痴に聴こえるのかと思ったら、ただ単に自分のボーカルのピッチが悪いだけだった。確かに歌うのは難しい曲ではあるけれどちょっと唖然。これでは音痴に聴こえて当たり前かなと。

中略。

結局明日彼女とランチを食べることになった。まったく人生は何がどうなっているのか分からない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

終焉

6月28日、日曜日。

午前中、悪態を吐かれたので彼女のLINEをブロックした。考えてみればここ2か月ほど彼女とは友だちとして奇跡的に上手くやってこれたのだが、どうやらそれもここまでのようだ。

もうかれこれ20年ぐらい前、渋谷の道玄坂を歩いていると信号待ちをしていた若いカップルが罵り合いの喧嘩をしていた。と思ったのだがよく見ると二人は笑っており、何のことはない、普通に談笑しているだけだった。そういうことをこのサイトのどこかに書いた。恐らくあのころからもう僕は時代に取り残されていたのだと思う。若者たちが使う言葉についていけない。だからもしかしたら彼女の一連の悪態も実はただの普通のコミュニケーション言語として使われているのかもしれない。それぐらいで酷く自尊心が傷つくのは僕くらいなのかもしれない。昨夜TVerで星野源が出ている新しく始まったドラマを見ていて、「マウントを取る」の意味がよく分からなかった。雰囲気的には分かるが正確なところが分からない。いまだにマジとガチの使い分けが分からない。ガチという言葉を使ったことがないから。

要するに僕はただ時代に乗り遅れた人間なのかもしれない。

4時に精神科に行くと、待合室には誰もいなかった。以前やたらと混みあっていたのが嘘のようだった。医師にこのところの不調を訴えたが、結局それはただ説明しているだけに過ぎず、薬を飲んでも医者に話をしてもどうにもならないことは自分自身がよく分かっていた。このところずっと自分の中で塞がっているものが果たして気分なのかそれとも気持ちなのか、それすらよく分からない。ただ調子が悪くただ何も出来ない。今日も一日実質何もしていない。マルチ音源のKompleteをSelectからアップグレードしようとしたものの何故かマスターカードを使うと何度やってもエラーになるのでカード会社に問い合わせたがそれでも原因が分からず、試しにビザカードでやったらすんなりと買えた。それで50個もあるアプリケーションをひたすら夜までダウンロードしていた。気がつくとインストールが終わったのにまだ音を聴いていない。ひとつにはワイヤレスマウスの充電が切れてケーブルを繋いでいるのでPCのUSBが塞がっているということもあるが、一方でもうどうでもよくなったという気持ちもある。

今日精神科医にも話したが、僕がコミュニケーションを取っているのは彼女だけで、それを断ってしまった今、本当に孤独になってしまった。一人になってしまった。それが昨日から酷く恐ろしかったのだが今は恐ろしいと感じるほどの気力もない。理由は分からないが、ありとあらゆる欲というものが自分から無くなってしまったような気がする。で、恐らくそれこそが気分というものなのだと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

6月27日、土曜日。

一体全体何が起こったのか、朝7時の寺の鐘で目が覚めてそれから眠れなくなってしまった。結局諦めて7時半に起きる。何の予定もない土曜日なのに。当然のことながら尋常じゃなく眠い。昼ごろだったか、横になってみたら少しは寝たのかようやく眠気が取れた。

危うくロン毛になる寸前でようやく髪を切った。気がつくと白髪が目立つようになった。Native Instrumentsのアップグレード半額セールは今月一杯なので、ひとまず無料版のKomplete StartをKomplete Selectにアップグレードしたのだが、気がつくと何故かブラスとストリングスがない。結局SelectではダメでKomplete12にアップグレードしろということのようだ。散々悩んで夜Komplete12のアップグレード購入ボタンを押したら、何故かクレジットカードのマスターカードの方だけ何回やってもエラーになる。これはもしかしたら買うなという啓示なのか。

このところの買い物病に象徴されるようなメンタル面の不調はいわば沼のようなものだ。自分は沼の淵にいるのではなく、既に沼の中にずぶずぶと沈んでいるのである。日中もう少しでブラスだけの音源を買いそうになったが、よくよく考えてみると何故必要なのかがいまひとつよく分からない。別に誰に聴かせるという目的があるわけじゃなし、結局は自己満足の世界でしかない。もしかしたら趣味というものの大半はそういうものなのかもしれないけど。

日が沈んで暗くなってから、今度はセンチメンタリズムの沼に溺れそうになる。いたたまれなくなって散歩に出て、暗い路上のベンチで煙草を一服した。どうにも救いようがない。自分が囚われたのはもしかしたらただの寂寥感かもしれないが、一人で生きていくことを寂しいなどと思い始めたら自分の人生のほとんどは寂しいことになる。明日は精神科の予約があるが、医者にいくら話したところでどうにかなるものでもない。夜この辺りを歩いているとカエルの声が聞こえる。散歩している間、もしかしたらこのところ悩まされている耳鳴りが治まったかと思ったが帰宅してみるとただの気のせいだった。

ベンチで煙草を吸いながら、自分は煙草の本数を数えているうちに年を取っていくだけのような気がした。堂々巡りのゲーム。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

劣化

6月26日、金曜日。

急に気温が下がった。午前中は寒くてエアコンの暖房を入れた。急に寒くなったせいなのか、相変わらずメンタルの具合も悪いが今日は体調そのものが悪かった。いわゆるところの季節変わりみたいな。体調がよくないとますますメンタル面も弱る。ありとあらゆるモチベーションが下がる。午後、久しぶりにシンセの電源を入れて弾いてみたがまったくピンと来ない。トレードも損切り一発で沈み、後はちまちまとスキャルピングすることでなんとか昨日今日合算でトントンぐらいに収めたものの、なんていうか血の巡りが悪い感は否めない。すべてが毎日劣化している気分。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

困惑

6月25日、木曜日。

昨日からメンタル面がボロボロで使い物にならない。主にトレードで失敗ばかりしている。今日は町内会のごみ当番だったので早く起きたせいもあるが、もう煙草が29本に達している。なんていうか、過緊張?そういう言葉があればだがそういう感じ。

午後、ごみをごみ処理場に持っていくために車に積もうと外に出たら、庭に結構大きなタヌキがいた。繁みに逃げて行ったので後ろ姿しか見えなかったが、うちの庭でタヌキを見るのは何年ぶりなんだろう? 3年ぶりとかかな。ごみ処理場に行ったついでにスタンドに寄ってガソリンを入れてきたが、原油が値上がりした割には思ったほど高くなかった。

USBのライセンサーがようやく本日届いたのでDAWソフトのCubaseを10.5Artistにアップグレードならびにバージョンアップした。ところがバージョンアップしてユーザーインターフェイスが変わり、まずロケーター(トランポートパネル)に早送りと巻き戻しのボタンがないのにおろおろする。ググっても全然そんなものは出て来ない。マニュアルにも書いていない。トランスポートパネルの設定にもない。かなり焦る。マニュアルにはもちろん早送りと巻き戻しのボタンの話は出てくるのでどこかにあるはず……。と、ロケーターの各ボタンの境目に縦に「…」が入っていることに気づきそこをクリックしてみるとようやく出てきた。っていうか、最初から表示してろよ。これ、普通の人は普通に気づくのかな。つまり、自分のパソコンに弱いオヤジ化が進んでいるだけなのか。そういえばインストールしている途中で、Cドライブの空き容量がほとんどゼロになって物凄く焦った。インストール後にダウンロードフォルダに展開したファイルをフォルダごと削除して50Gほど取り戻したが、こういうの、機械とかガジェットに弱い年寄りとかは分からないのではないか。テンポラリーファイルはインストール終了と同時に自動的に削除するようにして欲しいものだ。

で、10.5の方でこれまでのプロジェクトを読み込みながら、いろいろチェック。とにかく見た目が変わったので触ってみないと分からない。で、昨日買ったばかりのプラグイン、Scheps Omni Channelを立ち上げてプリセットを選んだ途端にフリーズ。え?という感じ。固まっているのでタスクマネージャーから終了してCubaseを再起動、もう一度やってみるとやっぱりフリーズする。これは一体どういうことだろう? 9.5、それもElementsで固まらなかったのに。そこまで重いプラグインではないはずなのだが。まあバージョンアップしたらCubase自体のチャンネルストリップがあってそれを使えばいい的な話はあるが。正直な話、ここまで来てアップグレードしたのは失敗だったかと思う始末。まあ違いはと言えばテンポトラックと拍子トラックを使える、つまり曲中でテンポや拍子を変えられることと、あとオーディオファイルのクオンタイズが出来るということぐらいなのだが。うーむ。

結局のところ、加齢のせいでこういった失敗の数々を冒しているのだろうか? だとすると今後それが悪化することはあっても良化する見込みはないことになる。それにしても、今度の日曜に精神科の予約があるけれども、ここ最近の精神状態の酷さは目に余る。なんだかおろおろしてばかりのような気がする。その辺を勘案すると、わずかばかりながら今日トレードでプラスで終われたというのはある種の奇跡のように思える。ちなみに昨夜は思いきりデカいストップを食らった。まるで当然のように。一体いつになったら普通の頭に戻れるのだろうか。余裕がないことこの上ない。で、寝る前に読んでいる村上龍の新作もその手のアイデンティティが覚束ない話で参る。普通に不安になる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする