What’s affiliate?

1月19日、日曜日。

くどいようだが今日も雪は降らなかった。実に久しぶりにfragmentsを更新(「海外FX事始」)。一体いつ以来だろうと思ったら前回の記事はなんと一昨年の4月だった。随分放置してたんだな……。

朝、彼女からのLINEで起こされたが二度寝して10時4分起床。寝る前に安定剤を1錠余分に飲んだわけでもないのに、今朝はやけに眠かった。とはいうものの、結果的には今日は昼寝しなかった。というのも、前述の記事を丸一日かけて書いていたから。いわゆるところのアフィリエイトブログを書いたのは一体何年ぶりだろうか。知っている人は知っているかもしれないが(当たり前)、実家に戻ってきた当初、ほんの数カ月ではあるがアフィリエイトブログを細々とやっていたことがある。しかしながらいつまで経ってもただの一銭にもならないので嫌になってプロヴァイダーとのアフィリエイトの契約を全部解除してしまった。今考えると放置しておいてもよかったな的なところはあるが。

実際のところ、この日記でもアマゾンのアフィリエイトだけは続けている。いつだったか、数年前というよりもかなり前、たぶん10年くらい前はいくらかは僕のリンクを踏んでアマゾンで買い物してくれる人がいたのだが、気がつくと最近はまったく一文にもなっていない。ただ単に読者が減ったからかもしれないし、一番可能性が高いのは皆スマホで見るようになったからじゃないだろうか。そういえば一時期グーグルのアドセンスの広告を載せていたこともあったが、あれも一銭にもならず見た目邪魔なので辞めた。

そんなわけで自分の中では「アフィリエイト=一銭にもならない」と刷り込まれているのだが、最近YouTubeでなんとなく動画を見ているとアフィリエイトで月うん百万も稼いでいるだの、中学生ですら百万単位の売り上げを上げているだのという話が聞こえてきて、要するにやらないよりはやった方がましなのかなあと思うようになった。それで一念発起してブログを書いたのである。まあなんていうか、一回書けば後は放置していいんでしょ?的なわりと投げやりな気持ちで。

その投げやりな気持ちは記事中にこれはアフィリエイトの記事ですと書いている(笑)ことからも明らかなのだけれど、一旦書き始めるとこれが想定外に(ある程度想像はついたが)大変だった。文章を一通り書いた(これもいろいろ調べるのが大変だったが)後で、やっぱり表があった方がいいなと思ったのだが、もう何年もHTMLで表を作ったことがないのでやり方を忘れてしまっていて、考えるだに面倒と頭を抱えたのだが、物は試しということでエクセルで表を作ってWordPressのビジュアルエディターにコピペしてみたら出来た。あまりにも簡単に出来たのでえっ?という感じ。

そんな感じで日中は延々とブログを書いていたのだが、疲れ果てて中断するとそろそろ夕刻が近づいていたので、暗くなる前に長年の課題である庭木の剪定をすることにした。それで庭のツツジを中心に剪定をしたのだが何しろ6年も放置してあるので元々どういう大きさでどういう形をしていたのかも分からず、ただ闇雲に伸び放題になっている枝を適当に切っていった。本来なら切った枝を集めてゴミ袋に入れて捨てなければならないところなのだが、面倒なのでほったらかし。そのうち土になるだろう的な。結局体力的に25分ほどの庭仕事でギブアップ。で、例によって庭仕事をした後はパソコンのキーボードも満足に打てないほど手がぶるぶると震えた。

夕食後はアジア杯の韓国 2-1 ヨルダンの試合を見たが、その後一日かけて書いたブログを読み直してみると細かいところが気になって直し、結局丸一日かかった。2社はアフィリエイト申請の手続きを取っただけで返事待ちの状態。まあでもそもそも何の予定もなかった日曜日だが結果的には庭仕事もしたし丸一日仕事した感。でもこれもまた一銭にもならないんだろうな……。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

雪のない一月

1月18日、土曜日。

今日も雪は降らなかった。もう1月も18日になるというのに、いまだにまったく雪がない。こんなことは少なくとも田舎に帰ってから初めてだし、実家に住んでいた高校生のころまでを思い返しても記憶にない。これがいわゆるところの気候変動で地球温暖化による暖冬なのか、それともただ単に雪が積もっていないだけなのかはよく分からない。よく分からないが、毎年こうなら助かる。今までであれば正月に雪がないと正月明けに帳尻合わせのようにドカ雪が降って積もったものだ。このまま一冬除雪車が一度も出なかったとなれば、これはこれで大変なことである。いやまあ何が大変かはともかくとして、とにかくここまでのところは有難い。

そんなわけで全然雪がないのであるから、本来であれば雪が融けた四月にやろうと思っていた庭木の剪定、庭の手入れを今やればよさそうなものなのだが、これが分かっていてもなかなかできない。ひとつには単純に外は寒いから。もちろん一番大きな理由はめんどくさいからである。実際のところ、今日明日のようなまったく予定のない土日はすることがないのだからやればいいのだけれど……。

今日は何をやったかというとさしたることはやっていない。昨日負けを食らったのが悔しくてトレードの勉強を少々、それと取引ツールであるMT4、MT5、cTraderの調整、カスタマイズ。午後に1時間ほど昼寝。あとはひまつぶしにYouTubeの動画を見たぐらいで、そういえば夕食後に動画を見ながら実に久しぶりにギターの練習を少々。最近音楽方面はホントにやる気がない。たぶんずうっと抑うつ状態だからだろう。

夜になってふと、アフィリエイトブログを書き始めた。といっても新しく作るわけではなく、fragmentsの記事として。海外FXのアフィリエイトを一応やろうとしているのだが、これが本気でやるとなると非常にめんどくさい。実際に自分が口座を持っているすべての会社のリンクを貼るとなると物凄い手間だし、よしんばやったとしてもその後の管理(いちいち結果を確認したり)もめんどくさい。なので、今のところはAxiory一社に絞って細々とやろうかなと。実際今取引で使っているのはAxioryだし。

で、ついでにまた書いておくとAxioryのお年玉キャンペーン(最大3万円の100%入金ボーナスがもらえて、3月一杯までに300万通貨の取引をすればボーナスが出金できる)の期限が21日と迫ってきたので、もう一回リンクを貼っておく。



ちなみに僕はというと、既に266万通貨の取引をしているので来週中には300万通貨に達するだろう。誰か上のリンク踏んで口座作ってくれないかなあ。おすすめはcTraderのナノスプレッド口座。レバレッジは400倍でロスカットレベルは20%。実質スプレッドは手数料を含めると0.8~0.9ぐらいだが、瞬時に一括決済ができるcTraderであればスキャルピングもやれないことはない。っていうかやれる。ディーラーを介さないNDD方式なので約定拒否とかもないしレートを信用できる。表示上のスプレッドはドル円とユーロドルで0.1~0.3ぐらい。0というときもある。海外のFX会社というとまず入出金がクレジットカードとかbitwalletになるという難点がある(海外銀行送金は手数料が馬鹿高い)が、AxioryはCurfex経由で国内銀行から入出金できる(2万円以上の出金なら手数料なし)。

ところで今日からcTraderのチャートをティック表示(ローソク足)に変えてみた。いつも分析というかトレードに使っているのはMT4の70ティックチャートだが、MT5にはまだローソク足表示できるティックチャートのインジケーターが探したけれどない。それではたとcTraderにはティック表示の選択肢があることを思い出したのだった。なんで今まで思いつかなかったのだろう。とはいうものの、cTraderのティックは自分が使い慣れた70がないので60か80のどちらにするか迷っている。今のところは80にしてみているが。特にスキャルピングをする場合は、1分足だとかえって振り回されるので、70ぐらいのティックチャートで見た方が落ち着いてトレードできる。

ときに彼女とはまるで元に戻ったかのように平和にLINEのやりとりをしている。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

限界

1月17日、金曜日。

今日も一生懸命生きた。精一杯頑張った。日付が変わるまで頑張った。でもダメだった。想定外のポジションを取って余計なストップを食らったり、当初置いておいた指値を外して結果裏目に出たりもした。最後に損切りをしたポジションは今見ると持っていればプラスに転じていた。夜、彼女と2時間以上電話で話した。4日ぶりに母と面会した。とにかくやれるだけのことはやった。自分を褒めてやりたい。これが今の自分の力なんだろう。この日記を継続して読んでいる人には、一体僕と彼女の関係がどうなっているのか分からないとは思うけど、それは当事者である自分自身もよく分からないのだからしょうがない。ただただ、毎日必死に彼女と向き合っている。今日も雪は降らなかった。彼女と電話で話していて、1時間に4本吸ったりしたので煙草を吸い過ぎた。いずれにせよ、日々来る日を精一杯生きるだけだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Loop

1月16日、木曜日。

申し訳ないが、これでも必死で生きている。毎日毎日不愉快な目に遭っている。今夜は彼女にあなたに会わなきゃよかったと言われた。風呂に入って、すべての感情をシャットダウンしてリセットすべきだと思った。風呂から上がると電話が鳴っていた。彼女はごめんねと言った。無限ループ。これが人生なのかなあ。

今日は一瞬だけ雪が降ったがそれだけ。なんだか自分が雪が積もるのを待っているような気すらする。繰り返すが、精一杯生きている。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

25分37秒のさよなら

1月15日、水曜日。

午前中、みぞれながら大粒の雪が降ってきて、昼ごろにうっすらと積もり始めたのでいよいよ雪が積もるものと思っていたら、いつの間にか外は晴れて雪は消え、やがて雨になった。

彼女が直接謝りたいというので昼過ぎに隣県からやってきた。何を謝りたいかというと先日の妄言・罵詈雑言を僕に浴びせかけて都合3度も警察に電話する羽目になった件である。何しろ一体誰に頼まれて私に嫌がらせをするだの、他に女がいたらめった刺しにして殺すだの、死んで祟ってやるだの、僕を自殺か事故死に追い込むだのといった暴言を延々と電話で浴びせられたのである。僕らはとりあえずこの田舎町唯一(たぶん)の喫茶店に入った。外はまだ大粒の雪が落ちていた。開口一番、彼女はごめんなさいと謝ったが、それに対して果たしてなんと答えていいものか分からなかった。なんだかうやむやなまま、気がつくと僕はイチからやり直そうと言っていた。で、世間話として一昨日から読み続けている東洋経済オンラインの貧困女子の記事について話をして、その中の記事のひとつに出てきたメンヘラ女子の特徴が全部彼女に当てはまるので、要するに彼女はよくいるメンヘラ女子なんじゃん、みたいなことを言った。のちのちこれが大変なことになるとはこれっぽっちも思わなかった。

一旦二人で帰宅して僕は珈琲を淹れた。で、さっきの続きのつもりで物凄い貧困に至る女子がいかに多いか、そしてそういった彼女たちのほとんどが学校でのいじめや親の虐待、夫のDVなどを経験していること、ほとんどの人が深刻な精神疾患にかかっていることなどを話した。そして、仲直りというかやり直すためにハグをして別れた。ここまでは何の問題もないように思われた。単に友だちからやり直すことになっただけだと。

ところが、夜に彼女から電話がかかってきて、声の調子からしておかしいことにすぐに気づいた。彼女は「どこまで私を見抜いているの?」と電話で詰め寄り、僕には何のことだかさっぱり訳が分からなかった。逆上して喚きたてる彼女の言葉を聞いていると、どうやら彼女自身がメンヘラ女子そのものの、いじめと虐待とDVを受けてきて、それをどうしても知られたくなかったということらしい。それを僕がどうして見抜いたのか、そういう人とは一緒にいられない、もうたくさん云々、その後の文言は正確には覚えていないがとにかくもうさよならという話になった。25分37秒で電話は切れた。僕は感情的にはなっていなかった。ただ冷静にこれはもう完璧にダメだなと思った。結果的に僕は意図せずに偶然彼女のトラウマであり巨大なコンプレックスであることを暴いたことになったようだが、例えそうであったとしても尋常じゃない切れ方で、これはもうさすがに手に負えない、ここまで病的ではどうしようもないと思った。それで書斎のデスクトップ上のLINEに初めて「さよなら」から始まる長い別れのメッセージを書いた。最後の方に、返事はいらない、もう連絡はして来ないでと書いて、最後にもう一度さよならと書いた。ところがそこで僕は固まってしまった。一時間経過しても送信のエンターキーが押せなかった。ことここに至っても、送信したら後悔するような気がして押せなかった。で、ツイッターでこんなことを呟いた。

今見ると特に前者のツイートは笑止千万なのだが、とにかく2時間経ってもエンターキーが押せず、そのうち人生初めてまったく興味がなくなったサッカー日本代表(U23)の試合を嫌々ながら他に思いつかなかったので台所のテレビで見始めた。正直試合自体はもうどうでもよかった。グループリーグ敗退が決まったからというわけではなく、頭の中がもうサッカーどころではなくなっていたから。すると、前半の途中で彼女から電話がかかってきた。というか、かかってきてしまった。

その後の展開はこのところのこの日記を読んでいる人なら察しがつくだろうが、まずはキレてごめんなさいから始まり、悪い印象のまま縁を切りたくなり云々という電話だった。とにかく彼女はネガティブということに異様に拘る。僕が彼女に対してネガティブなことしか言わないとこれまでも数えきれないほど、それこそうんざりするほど言われてきた。詰まるところ、それは彼女自身の思考回路自体がネガティブなことに他ならない。というようなことを僕が話したところでようやく電話は終わった。なんで電話が終わったかというと、途中で彼女が睡眠薬を飲んだからだった。このときばかりはハルシオンに感謝した。

U23代表は僕が彼女とぐだぐだな電話をしている間に田中碧が退場になって10人になって、そんな中後半小川が先制ゴールを決めたものの、ちょうど電話が終わったタイミングでVARでPKを取られて同点に追いつかれ、そのまま1-1で引き分けた。つまり、今大会(アジア選手権)で日本はアジア相手にただの1勝も挙げることができなかった。一体それがいつ以来のことになるのか分からないが、正直そんなことはもうどうでもよかった。僕はすべてにうんざりしていた。

これを読んでいる人なら僕がうんざりするのも分かるだろ?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夜の鳩

1月14日、火曜日。

くどいようだが今日も雪は降らなかった。少なくとも僕の知る限り。それなりの夢を見て、ちょっと早めに8時33分に起きてみた。特に意味はない。それなりに煙草の本数が増えただけだった。

6時過ぎに台所でスーパーから買ってきた回鍋肉丼の夕飯を食べていると、どこからか鳩の声のようなものが聞こえた。食後の一服をしている間も聞こえる。鳩のように聞こえるのは、その間隔やイントネーションのせい。いずれにしても、真冬の夜に鳩が鳴くというのはどうにも変な気がした。気になるので流しの方まで行って耳を澄ますと、どうやらそれは外から聞こえるのではなく、台所の中、それも左だったり右だったりする。詰まるところ、台所が暖房に暖められて軋む音なのだろうか。それとも幻聴なのだろうか。気味が悪いので書斎に移動すると音は消えた。とすると、幻聴ではないのか。夕飯を食べる前から、いつごろからだろう、彼女からのLINEが3時間も来ないのでなんだか落ち着かなかった。思い返せば、今日は極端にLINEが来ない。気がつくとほとんど病的に寂しくなっていた。これには自分でも驚いた。これは一体どういうことなんだろう? どういう心境の変化なのだろう? ともあれ、今日は日中にトレードで最低限のプラスを叩いていたので、夕方以降はひたすら東洋経済オンラインの貧困女子の記事を読んでいた。どれもこれもが酷い話である。それもあいまって、だんだんいたたまれなくなっていた。それで台所に戻って洗い物をして、珈琲を淹れ始めた。そこで例の鳩の声のようなものが聞こえないことに気づいた。だとすると、あれはやっぱり幻聴だったのだろうか?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

あやふや

1月13日、月曜日。

朝、二度寝か三度寝をかまして彼女(現在友だちということになってるがこの際彼女で統一することにする)からの電話で10時に起こされた。もちろんなんらかの夢は見たのだがもう思い出せない。それほどの悪夢というわけでもなく、それなりに面白い夢であったような気がする。今日も雪は降らなかった。午後、母のところに面会に行く。今日は20分面会できた。終日トレード。ユーロドルはそれなりにいいところで利食いできたのだが、ドル円は担ぎ上げられても延々と粘ったのだが最終的には面倒くさくなり風呂上がりに損切り。いまだに彼女とはLINEのやりとりをしていて、なんだかあやふやで微妙な関係のまま漂っている。

高校サッカーの決勝、青森山田 2-3 静岡学園。凄い試合だった。鹿島内定の松村がいるので静岡学園を応援していたので、今日はひとつぐらいはいいことがあったことになる。

今日はそもそも祝日なのに相場は動いているという微妙な日だったが、気がつくとそれなりには頑張っていた。負けたけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

どん底

1月12日、日曜日。

もしかしたら人生で一番泣いたかもしれないし、彼女(この場合は元彼女というべきか)はまた最低最悪の悪鬼へと変身したし、実際警察に3回ぐらい電話したし精神科医にも電話して相談したし、恐ろしい勢いで煙草を吸った。正直言ってU23日本代表がアジアで2連敗してグループリーグ敗退なんてことはホントにどうでもいい。これがどん底じゃなければどん底って一体何なんだとは思うものの、考えてみれば2013年に比べればまだずっとましだ。とはいうものの、まるでホラー映画の中で生きているみたいだ。あれだけ泣いたのに体重は400gしか減っていなかった。自分が恐ろしく辛気臭い顔になっているのが分かる。警察に電話して、ストーカーされているのでと言ったら、いつからですか?と訊かれてちょっと考え込み、今日からと答えたが、今考えてみるとそんなものはストーカーとは呼べない。精神科医が言うように実際になんらかの被害を受けてからじゃないとただの痴話喧嘩の範疇なんだろう。それにしても、人は何故狂うのだろう?

今日も雪は降らなかった。耳鳴りがする。煙草の本数は32本を超えたら時刻を書かないで「正」の字を書くことにした。もう本日のルールではなくて、人生のルールとして煙草は何本吸ってもオーケーということにした。35本目の煙草に火をつける。もう俺は疲れた。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

一線

1月11日、土曜日。

今日も雪は降らなかった。夜、彼女との間に一線を引いた。

きっかけは午前中の彼女からの電話で「否定的なことばかり言われる」というようなことを言われたことだが、正直なところ正確にどういう文言を言われたのかは忘れてしまった。それはさほど重要ではなくて、それによって僕が考え込んだ、改めて考えた、ということ。結果的に気づいて驚いたのは、要因は彼女の人格障害ではないということだ。僕らは本質的な部分で噛み合っていなかった。常にどこかに無理があったということなんだと思う。

アマゾンで買った安物のペアリングを外した。要するに、何かを手に入れるから失うのかもしれない。3カ月ちょっと夢を見た。還暦になって、11歳も年下の彼女ができるなんて想像もできなかった。今の自分でもいいという女性は恐らく彼女くらいだろう。そしてそれを自分から手放すことになった。

雪はいつか必ず降るだろう。明日からただ単に元の一人の生活に戻るだけだが、しばらくは途方もなく寂しいだろう。そして、ちょっとずつ、ちょっとずつ年老いていくのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小心

1月10日、金曜日。

二三日前の予報では雪と記憶していたが、今日も晴れて雪は降らなかった。もちろん、降らなくていい。

今日も頑張るつもりで日中はトレードも、夜に雇用統計を控えているせいなのかなかなか相場が動かず。結果的には想定した通りになったのだが、夕方になってもあまり動かないと思い、建値も低かったせいもあるがユーロドルの売りを早々に微益で利食いしてしまった。が、その後想定通りに1.11000が割れて地団駄を踏む。結局のところ勇気がないのだよなあ。常々思っているのだが、自分は世界でも指折りの小心者だと思う。少なくとも、これまでの人生の中で自分より気が小さい人間を見たことがない。

今日も取引ツールはMT4ではなくcTraderを使った。実質スプレッド0.8ぐらいでもcTraderでスキャルピングできることが判明。それはいいのだが、cTraderを使うときの注意点として、発注する前に買いか売りかをクリックして決めてから注文ボタンを押さなければならない。デフォルトでは買いになっている。今日はそれで売りのつもりで買いの誤発注を2回もやってしまった。まあチャート上かウォッチリスト上のレートパネルをクリックすれば間違えることはないのだが……。注文パネルが右側にあるので、ついそっちで注文を出してしまう。ちなみにチャート上のレートパネルもウォッチリスト上のレートパネルも、どちらも事前にロット数を設定しておく必要がある。デフォルトはたぶん0.01ロット。

米雇用統計は弱かったが例によってよく分からない反応。結局どう考えていいものか分からない。それはともかくとして、風呂上がりに冷蔵庫の中を見たらまだ一度も飲んでいないオレンジジュースの賞味期限が2日過ぎていることが判明、なんだか悔しいので飲む。たぶん明日も飲む。

それにしてもいつまでこの雪のない状態が続くのだろう。今スマホの天気予報を見たところ、来週から雪ということになっているが、はて。ところで例の2000円台で買ったスマートウォッチ、基本的には腕を上げると時間表示されるのだが、腕から外すとどう動かしても時間を表示せず、電源ボタンを押したり長押ししたりしても反応しないのでもう壊れたのかよと思ったが、どうやらこれは裏の真ん中にあるセンサーをタッチしていないと表示というか動作しないようだということが判明。時計として使っている分には、フル充電で3日以上余裕で使える。

今読んでいるのはデイヴィッド・ゴードン「二流小説家」。

カテゴリー: 未分類 | コメントする