夜の声を聴く

3月8日、月曜日。

また早起きしてしまった。一日がどんどん前倒しになっていく。一体何が起こっているのか。

昨夜は抑うつが酷かったので多少早めには寝たが、寝る前の安定剤を念のために一錠余計に舐めたのに、朝6時にまたしても寒くて目が覚めてしまった。今日は布団がずれたわけでもなんでもなく、普通に布団の中に潜っていても寒かった。しょうがないのでエアコンの暖房を入れたのだがまったく効果がなく、そこそこいい夢を見ていたのに夢の続きを見ることもかなわず、結局7時半に起きてしまった。自分にしては前代未聞の早起き。

そんなわけで東京市場が明ける前に相場のポジションを取るという初めての体験。で、ポジションを取ってから変だなと思ったらいわゆる早朝レートでスプレッドがやたらと広かった。10時ごろに案の定頭がグラグラするくらいの眠気が襲ってくる。昼寝しようとベッドに横になって毛布を被ったが何故か眠れない。ただ30分ぐらい横になっていたら眠気は治まった。腹が減って11時前にフルーツグラノーラの昼食を摂る。

昨日回転寿司を食べていて差し歯が取れたので、朝電話して4時に歯医者。当然今日も夕食は早くなるだろうなと思っていたら、不思議なことにフルーツグラノーラで6時までもった。

というわけで宇佐美まこと「夜の声を聴く」読了。ツイッターアカウントに鍵をかけているので、ツイートした文章をそのままコピペすると、

宇佐美まこと『夜の声を聴く』読了。がっかり。面白くなかった。北上ラジオで年間ベストワンというから読んでみたのだが、北上次郎という書評家の資質自体を疑わざるを得ない。この小説にはリアリティがない。物語が存在しているのは作者の、そして語り手である主人公のセンチメンタリズムの上だ。

ということになる。なんていうか、恐らく作者は意外性で書いたつもりなのだろうがそれが意外じゃない。作りものっぽい。なので感情移入できない。読者よりも先に主人公が感情を吐露するのにもしらける。これはこうなるんだろうな、というところに行きついてしまうので伏線があまりにも伏線然としていて予想がついてしまう。こういうのはなんていったらいいんだろうか、要するにラノベっぽい。単純に宇佐美まことという作家は小説を書くのが上手くないんだと思う。世界観を共有できないし埋没できない。かといって文学を読む喜びがあるわけでもない。

北上ラジオ、先日も書いたように北上の話自体があまりにも面白いので期待し過ぎたのかもしれない。ぶっちゃけ、北上ラジオで紹介された本を3冊も買ってしまったのだが……。ベストワンがこれでは先が思いやられる。

それはそうと早起きしてしまう件、寒暖の差が激し過ぎるからかもしれない。今日とか夕方でも外気温が9度とかあったが最低気温はマイナス7度とか、とにかく朝方がやたらと冷える。一方的に動く相場になかなか乗れず、今日も早く寝てしまいそう。このままでは朝型の人間になってしまうという危機感を覚える。とりあえず7時間は寝たい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3月7日、日曜日。

夜、凄まじい抑うつ状態で何もできなくなる。おまけに冷え性で手が死体のように冷たく、指の関節が酷く痛むのも抑うつと関係あるのだろうか。顔色を失くしているのが自分でも分かる。ソファに寝転がって本を読むのも辛い。

今日は出だしからして酷かった。明け方寒くて目が覚め、何度も寝ようと試みるのだが寒くて眠れない。7時の寺の鐘が聞こえてからはまったく眠れず。諦めて起きてみると、布団が半分ぐらいベッドからずり落ちていた。おまけにスマホを見ると早朝はマイナス7度まで冷え込んだらしい。冬のパジャマをスウェットに替えたのも裏目に。

日中はビットコインのトレード。午前中昼寝少々、早起きしたせいか10時ごろから無暗に空腹を覚えて11時前に昼食の菓子パンを食べる。そのせいか、夕方腹が減るのも早かった。3時過ぎからもう空腹感らしきもので落ち着かなくなる。結局、4時半ぐらいに隣町の回転寿司に。そこでテーブルに着いたところでビットコインの利食いをしたのだがこれが大失敗、その数分後から爆上げ。

帰宅後、曲作りをやろうとDAWを立ち上げ、マシンドラムの音を30分ぐらいかけて選んだが、4小節打ち込んだところで力尽きた。気がつくと冒頭の物凄い抑うつ状態に突入していた。

近ごろ嫌な感じがするのは、特に最近というわけではないが僕が高校生のときに亡くなった祖母の顔がしょっちゅう頭に浮かぶこと。理由はまったく分からない。例えば母の顔を思い浮かべようとするとまず祖母の顔が浮かんでしまう。正直気味が悪い。

それにしても、ここまで何もできなくなると生ける屍のようだ。20時過ぎにはもう寝てしまおうかなどと考えたくらい。これを書いている今は風呂上がりなので冷え性が治まって多少はましになっているのだが。

今日の教訓: とにかく他人がどんなに薄着でいようがユニクロの商品が全部春物になろうが、寒いものは寒い。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3月6日、土曜日。

ブロックしたメッセージの通知をしないようにスマホを設定し、ツイッターのアカウントにも鍵をかけて悪縁を完全にシャットアウトした。もっとも、ツイッターはフォローされていたら探し出してブロックしなければならないが。まったくもってめんどくさい。

いまだに朝は何度か早めに目が覚めてしまい、そのたびに二度寝するのだが不思議なことに毎回夢の続きを見る。厳密には繋がっていないのかもしれない。ただ続きを見ている気になっているだけで。

日中は何もやる気が起きないので懲りずにビットコインのトレード。途中から半分以下にロットを落とした。所詮暇つぶしみたいなものだから。

台所で夕食後、テーブルに肘をついたら冷たいのでえっ?と思って見ると、最近毎日のように着ているカシミヤのセーターの右肘のところに大きな穴が開いていた。これまで気がつかなかったのは中に長袖のアンダーシャツを着ていたからだろう。それにしても思い当たる節がない。確か去年買ったセーターだし、穴が開くようなことに思い当たらない。

ともあれ、慌てて隣町のユニクロに行く。すると、もう3月だから当たり前なのかもしれないけれどセーターは一着も置いていなかった。で、気がつくとどうでもいいTシャツ(半袖)を2着も買っていた。結局セーターは帰宅後にアマゾンで注文したが、なんとなくスーパーに買い物とかに行くと最近皆自分より薄着になっている気配は感じてはいたが、今日の気温とか1度、自分だけが寒がりで厚着なのだろうかと考え込んでしまう。確かに冷え込みは緩くなったと思うが。いずれにしても、もう真冬の格好をする時期ではないんだろうな。

というわけでパジャマもスウェットに変更。今日は久しぶりに鍵盤の電源を入れてちょっとだけ弾いた。もう音楽を作る気はすっかり失せたと思っていたのだが、明日は何の予定もないのでワンコーラスだけ書いた曲の続きをやるか。もちろん、やる気があればの話だけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

終止符

3月5日、金曜日。

すべてに終止符を打った。

腐れ縁を絶った。保持していたビットコインも特大の損切りをした。どうやら自分の動画に低評価したのはまったくの第三者らしく、それはそれでじわじわとメンタルに来る。ビットコインのポジションだが、実は昨夜父が一度だけのチャンスをくれた。微損で損切りできるタイミングが一瞬だけあったのだが、眼前で見逃してしまった。結局のところ、自分は性格的に長く持つスイングトレードは合わない。ビットコインの場合、土日も動いているわけだから週明けで大きく窓を開けるということはないのだが、午前中の大下落で心が折れてしまった。正直、ドローダウン(含み損)を眺めているのにうんざりしてしまった。で、夕方損切りをしたわけだが、皮肉なことに今はそのときよりも大分持ち直している。物事というのは往々にしてそういうものだ。

これで自分の孤独死はほぼ確定したわけだが、残りの人生で不愉快な思いをし続けるよりはよっぽどましというもの。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Father’s son

3月4日、木曜日。

煙草の本数だけが増える。

嫌なことばかりで相変わらず辛い。昨夜、僕の動画に誰かが低評価をしていることに気づいた。まず間違いなく例の人物が腹いせの嫌がらせのためにやったに違いないとは思うが、もしかしたら全然関係ない人が単純に僕の曲がよくないと思っただけかもしれない。いずれにせよ、前者であるという思い込みのせいで酷く気分が悪い。

いいことは何もない。土曜日の鹿島の試合はG大阪に感染者が出たせいで中止になってしまった。終日トレードも終日ドローダウンに耐えているだけ。微損で逃げられる機会を逸したのでいまだに損切りを置かずにポジションを保持し続けている。正直苦しいだけ。

夜、父のことを思い出す。父は早くに祖父を亡くしたので若いときに物凄く苦労した。それが故に僕と弟には苦労をさせたくないという気持ちがあったのだろう、僕がいい年になってから金に窮して無心をしても断ることは一切なかった。父ほど優しい人はいなかった。その父に比べたら、今の僕の苦労など何ほどのものだろう。すべてを受け入れ、すべてを乗り越えなくてはならない。

今日は珍しく昼前に母とLINE面会。今日の母は気のせいか前回よりも髪が黒くなったように見えて、元気そうだった。それだけが救い。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「悪魔を見た」を見た

3月3日、水曜日。

この映画が悪趣味極まりないのはところどころに笑えるシーンがあることと、ラストの特撮だけ何故かチープなこと。全部悪い冗談だよと言わんばかりだ。ホラーだと知らないで見たから冒頭から正視に耐えないシーンの連続。しかし、韓国の制作陣は残酷さの極みを映像化したつもりかもしれないけれど、日本で実際に起きた綾瀬の女子高生コンクリート殺人事件とか、名古屋のアベック殺人事件の方が遥かに残酷だ。あとは松永太の事件とか。まあそれを言ったら中国の昔の刑罰、首まで埋めて通りすがった人にちょっとずつ首を切らせるとか、実話かどうか知らないが石川五右衛門の釜茹での刑とか、枚挙に暇がない。

—————–

ルヴァン杯、鹿島 3-0 鳥栖。ようやっと鹿島が無失点で勝ってくれた。スコアだけ見ると快勝のようだが、1-0で迎えた後半早々鳥栖にPKを与えてしまい、それをGK沖が防いだからよかったようなものの、PKが決まっていたらどうなっていたことか。個人的には染野がゴールを決めてくれたのが嬉しい。

日中トレードも今日はよく分からず。なのでとりあえずプラスで逃げられただけよしとする。メルカリから次々に本が届く。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

空白

3月2日、火曜日。

日曜の晩の、満月に一日足りない赤い月を思い出す。すべてを忘れると何も残らない。考えてみるとうつ病になった20年前から、僕は常に縁を切られる側だった。こんな風に、僕もまた忘れ去られてきたのだろう。

そもそもがテレビをまったく見ないし、最近は唯一の情報源であるツイッターのタイムラインもろくに追えていないので世間知らずが加速している。菅が首相になってから、彼が首相として動いている映像を一度も見ていない。だからリアリティがない。そんな感じだから、今日になって初めて、マイニングがブームになっているということに気づいた。

マイニングというものがビットコインを始めとする仮想通貨を掘り出す作業であることは知っていた。しかしそれが個人が自宅のパソコンでやれるものだとは知らなかった。今日いろいろ調べて、YouTubeでもいくつか動画を見たけれど、なんなら今一台余っているデスクトップPCででもやろうと思えばマイニングはやれる。ただほぼ何も得られないだろうけど。

マイニングに一番必要なものがグラフィックボードであるということは知らなかった。CPUはむしろ熱を出さない低スペックの方がいいというのも意外だった。マイニングがブームになってグラフィックボードが品薄、高騰しているのはどうやらつい最近のことらしい。実際、価格ドットコムでグラフィックボードのランキングを見ると、半分以上のものに値段がついていなかった。本当に今はなかなか手に入らないらしい。とすると、昨年末パソコンを買い替えたときに比較的安くグラフィックボードを付けられたのは今にして思えばラッキーだった。僕が買ったところのサイトを見たら、ゲーミングPCはほぼ品切れになっていた。何故ならマイニングにはゲーミングPCにやたらと多くのグラフィックボードを搭載させるのがどうやら最適らしいからである。しかしながらYouTubeで実際マイニングをやっている人の動画を見ると、100万使ってグラフィックボードを20台以上買ったり、電気代が一年で100万を超えたり、発熱で室温が30度以上になるとか一見不労所得のように見えてマリファナを栽培するくらい大変なことであることは分かった。何よりもビットコインが暴落してしまえば途端に採算が取れなくなる。それにしても世の中の人たちは不労所得という話に目がない。だから高額の情報商材とかに引っかかってしまうのだろう。いずれにしても、エアコンをつけたままドライヤーを使ったりコタツを使ったりするだけでブレーカーが落ちてしまうアンペア数のうちでは、とても(採算が取れるように)実現できるものではない。

いまだに再三時間を持て余す。今日も昼寝を二度してしまった。空白を満たすのは容易なことではない。夜たまたま見た韓国映画が結構凄かった。

これ、エピローグがなかったら本当にただただ胸糞が悪い酷い話。っていうか、エピローグ=プロローグであり、冒頭で出てきた俳優が本編にも出ていることに気づかないで見ていたんだけれども。エピローグでようやく気づく始末。いずれにせよ、すべてをエピローグでひっくり返すという力業。アマゾンのプライムビデオで見たのだが、絞殺シーンでぼかしが入るのを初めて見た。さぞかしリアルなシーンを制作陣は作ったのだろうけど……。あまりに残酷だからということか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Say goodbye to Hollywood

3月1日、月曜日。

嫌がらせのコメントはまだ終わらない。正直堪忍袋の緒が切れたので、LINEで警告した。これで収まらないようであれば警察に行くしかない。

もうすべて忘れることにしたよ。

それはそうと、先般からYahoo!から再三再四5万円プレゼントというキャンペーンのメールが届くので、キャンペーンページからジャパンネット銀行のカードローンの枠の申し込みを途中までして、やっぱり必要ないやとキャンセルしたのだが、先日朝方に銀行から電話があり、どうしても枠を作ってくれと言われて渋々作った。で、本当に5万円もらえるのかどうか怪しかったのでYahoo!に問い合わせたところそれはジャパンネット銀行じゃないと分からないと言われたので今日銀行に電話で問い合わせた。すると、自分の場合はどのキャンペーンにも適用されていないという答えが返ってきて唖然、おまけに理由も開示しない。まったくもって噴飯ものの話である。これ、誇大広告とかの商法違反なんじゃないか? とにかく詐欺に遭った気分。

嫌がらせのせいでここを更新するのも気が重い。しばらく更新を休むことも頭をよぎった。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

悪意

2月28日、日曜日。

また馬鹿女が悪態のコメントを書いてきたのでごみ箱行き。それにしても、わざわざ人の日記を読んでまで難癖をつけて悪態を吐いてくるという陰湿さは一体どこから来るのだろう? 類人猿とかはどうか知らないが、ざっと考えて悪意を持つのは人間だけだ。ゴキブリにすら悪意はない。悪意に対しては悪意か罰しか返って来ない。それすらも分かっていないというか、自分の感情が悪意だということにすら気がついていないのだろう。まったくもって救いようがない。馬鹿は死ななきゃ治らない。というか、死んでも治らないのだろう。永劫に、誰にも一顧だにされないのだ。そういう人間が死ぬときには何を思い、何を思い出すのだろうか。やはり何らかの悪意を持って、何かを呪いながら死ぬのか。

ツイッターでクソリプを送ってくる奴とかもそうだが、彼らは自分こそが主役だと思ってやっているのだ。しかしそれは最終的にブロックされまくるのだから、結局はただの排泄と同じだ。つまり、彼らは感情の排泄者に過ぎない。ところかまわず野グソをしているようなもの。要するに彼らは何がなんでも自分より下の人間を作りたいだけなのだ。まさにカスの発想。

朝食後から具合が悪く寝ては悪夢を見ることを繰り返し、日中はほぼ廃人。夕方精神科。

打海文三「愚者と愚者」読了。うーん、やはり「裸者と裸者」と同じくただ淡々と記述しているだけに思える。まるで記録のような。だから面白いとか面白くないという尺度ではないところで話が進んでいる気がする。打海はストーリーテラーではないということなのか。結局この応化クロニクルは作者が亡くなったため未完で終わっているが、一体何が書きたかったのか。確かに構造上は海人や椿子に共感というか肩入れして読むしかないが、少なくともここまでは何の感情も残らない。その未完の「覇者と覇者」まで読んでもたぶん同じ感想しか出てこない気がする。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

嫌な予感

2月27日、土曜日。

嫌な予感がした。嫌な予感ほど当たるのはどうしてだろうか。動物的な本能、危機察知能力という奴か。そして、いい予感というものは滅多にない。大概はぬか喜びだ。

鹿島 1-3 清水。先制してからあっという間に3失点しての逆転負け。さすがに心が折れた。鹿島がここ4年ばかり開幕戦に勝てていないということは知っていた。だからヨウタロウと一文字しか違わない荒木遼太郎が先制ゴールを挙げたときにも、これで勝ったとは思えなかった。サッカーというスポーツは失点さえしなければ少なくとも負けることはない。昨季の鹿島が終盤盛り返したとはいえシーズン序盤に勝てなかったのはとにかく失点していたからである。少なくない人が優勝候補に挙げる今季も、その点は改善されていなかった。1失点目と2失点目、まったく同じように相手の左サイドをフリーにしておきながらなおかつゴール前も開けていたというあってはならない状況がほんの数分の間に2度起こった。個人的に気になるのはCBの町田のポジショニングと左サイドバックの永戸の守備力。だが、本来対人守備に強いはずの右サイドバックの小泉はどこにいたんだろう? だが小泉を攻める気にはなれず、とにかくゴール前の守備が甘いとしか言えない。

この試合、相手(清水)の先発メンバーに同級生の小山水城(今はディサロ水城)の長男であるディサロの名前がフォワードとしてあった。J2の北九州から移籍してきたディサロを、中継のDAZNも注目選手として挙げていた。この時点でなんか嫌な予感がしていた。もちろん鹿島に勝ってほしいのだけれども、水城の長男が活躍するところも見たいという気持ちもあったから。結局ディサロは得点することはできずに途中交代で下がった。

気がつくと、何もする気になれない土日はビットコインをトレードするようになっていた。少なくともポジションを持っている間は何かをやっていることになるから。正直損切りを入れずにポジションを持つのは怖いのだけれど。初めてトレードして負けを喫した経験が活きて、レートが100万円ぐらい動いても驚かない覚悟はできてはいる。大きくドローダウンを抱えたらそのまま数日持つぐらいの気持ちでやってはいるものの、結局利食いしてしまうのでデイトレードにはなってしまうが。

例のYouTubeの北上ラジオは、ほとんど見てしまい残すところあと2回分ぐらいしかない。

そういえば昨日からなんとなく本名でnoteに投稿を始めた。といっても改めて書いたわけではなく、fragmentsからの引用だけど。「A」と「往き、そして帰り」。何しろサイト自体は20世紀からやっているので、前者はともかく後者はまだ読んでいない人が多いかも。

カテゴリー: 未分類 | コメントする