気分

5月15日、土曜日。

何故人の気分は変わるのか? そして何故気分だけで具合が悪くなってしまうのか? だからこそ精神科とか心療内科があるんだと思うけど。安定剤1錠飲んだ。

鹿島 5-3 横浜FM。まず驚いたのは今の鹿島が3失点してしまったこと。実際、マリノスは強かった。これといった隙はGKぐらいしかなかった。しかしそれでもそのマリノスから5点取って勝ってしまうというのも驚き。同じ山形出身として土居聖真のハットトリックにはびっくりと共に嬉しい。しかしSSD入れ替えたせいで「しょうま」で「聖真」に変換できなくなってた……。最近無双していた常本がイエロー2枚で退場っていうのも、それだけマリノスが強かったということかと。

試合後、ま、いいかというので隣町の回転寿司に行ったが、やはり昨日の朝まで乗っていた代車と比べると同じ軽でもシートだけではなくサスペンション、エンジンのパワーなど、いろんなところでうちの車は余裕がないんだなあと痛感。だが相対的には修理に出す前よりは調子がいい。

夜、M1のMacBookに関する動画を見て、それに対する992件のコメントを全部読んだ。ヒマなのかもしれない。結局のところ、Macを使いたい人はMacを使えばいいし、Windowsを使いたい人はWindowsを使えばいい。当たり前だが。個人的にはMS-DOSやPC98の時代からパソコンを使っているが、仕事で借りたMacのノートパソコンを使ったこともあるし、Linuxを使ったこともある。一番戸惑ったのはLinuxでどうしても考え方そのものに慣れなかった。Macを使ったのはもう27年ぐらい前で、IBMのCD-ROMを作ったとき。当時は今でいうDAWソフトはMacの方が進んでいて、ニューヨークのPhilippe Saisseが送ってくるデータを確認するのに使った。なんていうソフトだったかはもう忘れてしまったけど。ただそのアプリケーションしか使っていないので、特にパソコンとして使い勝手がどうの、というほどの感想はなかった。

その後結局自分はWindows3.1の時代からずっとWindowsを使っているのだが、古い話で恐縮だけれどいわゆるパソコン通信だの、ニフティサーブだのというその辺りからして、混沌としたWindowsの世界の方が自分には面白かった。それだけ。この年になって今から使い勝手の違うMacを使う気にはなれないし、長年のMacは割高という印象も拭えていない。単なるバイアスだとは思うけど。それと、自作できるのはWindowsだけ。もうホントに最終的には好みの問題だとは思うけど。ただWindowsのCubaseとかがたびたび固まるのはなんとかして欲しい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。