完勝という感傷

11月24日、土曜日。

仙台 0-3 鹿島。

鹿島の完勝だった。仙台には前回破れているし年間で2敗したこともあるので、天皇杯から中二日というコンディション、鈴木優磨が怪我明けということもあって試合開始前は心配していたのだが、いざ試合が始まってみるとコンディション的にはまったく問題ないようだった。考えてみると2016年の年末(CWCで決勝まで進んだ)の1ヶ月はもっと遥かに厳しいスケジュールだった。昌子が先制点を取って以降は盤石の試合運びで、後半に2点目、3点目を取ってまったくつけいる隙を見せなかった。結果、力の違いを見せつける結果に。19歳の安部裕葵がまた上手くなっていて感慨深い。後はシュートを枠に飛ばすだけ。後半途中から内田とレアンドロが出れたのも大きい。それはそれとして、昼間、車で仙台まで行ってスタジアムで試合を見ようかなどとふと思ったのだが、前売りでチケットは完売していたとのことで行かなくてよかった。

で。

例の便秘問題だが、昨日の日記に書いたように寝る前に酸化マグネシウムを3錠飲んだ。すると、5時に便意で目が覚めてトイレに行くと凄まじい下痢、なんとか二度寝したものの8時台に再びトイレに駆け込む。といった具合にいささか早く効き過ぎた。その後二度寝して結局昼過ぎの12時10分起床。とにもかくにもなんとかかんとか出ることは出たわけで。そのお蔭か夜体重を計ったら300g減っていた。という具合に一見問題が解決したように思えるのだが、その実、昼以降はまた全然出なくなってしまった。とすると、朝夕の食後に飲んでいる便秘薬では効かず、酸化マグネシウムを飲まなければならないということだが、あと2回分しか残ってない。これは次に精神科に行ったときに酸化マグネシウムを頓服として処方してもらわねばならないが、問題は次の予約が3週間後だということ。うーむ。実際問題として、一週間ぐらいまったくうんこが出なかったら一体どうなるのだろう? 考えるだに恐ろしい…。

あ、ちなみに今日も雪は降らなかった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。