Decades

11月20日、火曜日。

親善試合、日本 4-0 キルギス。なんていうか、ハナからまったく力の入らない試合。何しろ全員控えメンバーで後半は半分ユースの鹿島に2-0で敗れているキルギス。正直代表がAマッチを組む相手ではないと思う。案の定、キルギスのGKは目も当てられないくらい酷かった。日本が後半になって前線の四人を入れ替えたのは勝負にこだわったというよりむしろファンサービスかと。

とにかく寒い。朝から晩まで暖房をつけっ放しにしなければならず、これでは雪が積もっていないだけでそれ以外は冬とさして変わりがない。実際、夕方スーパーに買い物に行ったらダウンジャケットを着ている人が普通にいる。

で、その買い物なのだが、出かける前にあんまり寒いのでズボンを先日買ったばかりの冬用のカーゴパンツに穿き替えた。ズボンを脱いだときになんか重いなと思ったのだが……。スーパーで一通り買い物をしてレジに向かう途中であれ?なんか変だぞ?ということに気づいた。ウエストバッグをつけるのを忘れていたのだった。つまり財布がない。免許証もないが。しょうがないのでレジの人に言ってレジ脇にカートを置かせてもらい、家に財布を取りに戻りようやく会計を済ませた。やれやれということで駐車場の車の中で煙草を一服しようと思ったら煙草がない。つまり、煙草とライターも忘れていた。なんてこった、と思いながら帰宅すると、煙草どころかスマホまで忘れていたことに気づく。唖然たり。こういうのを老化っていうのか?

朝は悪夢を見ていた。で、なんか部屋の中が明るいなと8時台に目が覚めたのだが、さすがに早過ぎるかと二度寝をして悪夢に舞い戻る。結局11時33分起床。相変わらず朝起きられない。明後日は町内会のごみ当番だが。特に遅くまで起きている(相対的に)というわけではないのだが、なんでこんなに起きられないのだろう。

今日も夜になってYouTubeでヤマザキがキーボードを弾いている98年の中山美穂のライブ動画を見る。で、はたと気づいたのだが98年というのはなんと20年前ではないか。つまりこの動画の中のヤマザキは20年前のヤマザキなのである。当たり前だが。20年……どうりで甥っ子が結婚するわけだ。ただ20年という時間が一瞬だったとは思わない。もし20年間の出来事を委細漏らさず覚えていたとすると、全部思い出すのに20年かかるのである。その20年の間に僕はうつ病になり、結婚して離婚して癌にもなったし、父が亡くなり僕は警察に逮捕されたりもした。実際問題として、20年もあれば物凄くいろんなことが起こる。それが30年であればなおさらだ。「JIN -仁ー」の中の坂本龍馬の台詞、「十年先、百年先を知ったところで日は一日一日と明けていくだけじゃ」。

所詮僕らは毎日今日という一日を生きていくことしかできない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。