聴こえる

4月13日、金曜日。

夜風呂に入っていると、

などという現象が起こったのもドラマ「CRISIS」が途中から俄然面白くなってきたせいか。4話辺りから非情さに徹するようになって。小栗旬のドラマはこれ以前に「代償」を見ただけだが、このドラマではまさにハマリ役という感じがする。正直よく知らない役者なんだけれども。

で、風呂上がりにW杯出場がかかったなでしこ対オーストラリアの後半から見たんだけれども、なでしこは少なくとも先日ちょっとだけ見た韓国戦よりは随分とよくなったように見えた。実際阪口のゴールで先制したんだけれどもGKのキャッチングが怪しいなと思っていたら失点して1-1の同点に。よく分からないで見ていたんだが、これで突然試合は両者が手のひら返し、つまりこのスコアなら両者ともにW杯出場が決まるということで延々と日本は最終ラインでちんたらとボールを回し、オーストラリアはまったく取りに行かないでそれを見ているだけという出来レースに。まあウィンウィンなんだからしょうがないんだろうけど。というわけでなでしこのW杯出場が決まる。

ところで今朝は何故か7時25分にぱっちりと目が覚め、さすがに早過ぎるかと二度寝して次に目が覚めたのが9時5分、起きようとしたのだが今度は眠くてワープ、結局最終的に起きたのは9時30分だった。最近の中では比較的ましな時間だが、睡眠時間が7時間に満たないのでさすがに眠いかなと思ったが、不思議なことに昼寝せずに完走。ということは、何がなんでも8時間寝なくても大丈夫ということか。

もう一度風呂の中に戻ると、湯船に浸かっていてふと思ったのだが実家に戻って5年、話す相手はほぼ母しかおらずその母とは山形弁で話すのでようやっとネイティブ・ランゲージが山形弁っぽくなってきたかなと思ったのだが、思考はいまだに標準語で思考しているということに気づいた。まあ人生の大半を標準語で過ごしてきたので無理もないのか。いまだに山形弁で敬語を話すことが出来ず、母以外の人とは標準語で喋るしかないし、発音が訛っている人の山形弁は一度頭の中でコンパイルしないと駄目、つまり映画の字幕のようにワンクッション入るのでなかなか聞き取れない。たぶんこれは標準語で思考している以上改善しないと思われる。ま、それでいいっちゃいいんだけど、町内会の集まりとかで何を喋っているのか分からなくて苦労する……。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。