接吻、家政婦をミタ

3月25日、日曜日。

10時29分起床。たぶん昼ごろに昼寝。すると夢を見て、夢の中でキスをした。相手は誰だかよく分からず、何かの拍子に相手が黙り込んでしまい、それでついキスをしてしまうという夢だったのだが、厳密にはキスをしたかしないかというタイミングで目が覚めた。夢の中でもキスをするのは貴重、何しろこの先の人生で果たしてもう一度キスをする機会が訪れるかどうかすら危ういので。普通に考えればもうなさそう。

4時から町内会の総会。始めに区長の挨拶があって、近所付き合いの絆が薄れているとかなんとかいうその内容が、どうも自分のことを言われているのではないかというある種の被害妄想を覚える。昨日の散歩の影響で、畳の上であぐらをかいていても足の関節が痛くて参り、途中から正座の方がまだマシかと。次から隣組長をやらなければならぬということで、5年目にして初めて2時間フルに参加。というか、いつもは宴席になる前に退席していたのだが、今日は最後まで付き合って世間話を。いわば近所付き合いの練習。で、ずっと個人的に取り越し苦労しまくって懸案に思っている隣組長の他にやらなければならない監査であるとかなんとか役員の類の話は、どうやら来週以降になる模様。

夜はhuluでしか見られないのでドラマ「家政婦のミタ」をもう一度最初から見始める。最終回でボロ泣きするのは分かっていながら、途中までは家族が崩壊する話なのでいたたまれないことこの上ない。ただこれを我慢すれば最後にカタルシスがあることが分かっているからなんとか我慢する。

で、ふと気づいたのだが、このところなんでこうドラマばかり一生懸命見ているのだろう? いずれ現実逃避行動の一環なんだろうけど。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。