誰が為に鐘は鳴る

3月11日、日曜日。

午後、DAZNでJ2の試合を見ていると向かいの寺の鐘が鳴ったので何かと思ったら、ちょうど7年前のあの時間だった。

当時の日記を読んで、あのとき、南浦和の駅の通路の柱につかまっていると空がにわかにかき曇り、まるでCGで描いたような暗鬱な色の空になり、世界の終わりのようだと思ったことを思い出す。いまだに震災とはなんだったんだろうと思う。何度も同じことを書いていると思うが、どうもあの日から世界は地軸がずれたように歪んでいったような気がしてならない。

おっと、あまり余計なことは書かないようにしよう。たぶん感傷的になるだけだ。

10時37分起床。週間の天気予報では確か今日は雪だったと思うが、日中の外気温は9度で雪が降る気配はまったくなし。雨少々。水曜日に時間がなくて変更してもらった精神科に4時に行く。待合室が一杯だった水曜日とは打って変わって、待っている人は一人だけだった。医者に風邪はどうだと訊かれ、そういえばやたら長引いた風邪をひいたのはもう随分前のように思っていたのだが、風邪薬を出してもらったのは前回のときだったのか。近ごろの調子はと訊ねられても自分でも判断がつかない。さして不安定でもなかったように思えるが、確かに落ちた日はあった。そういうのを総じてなんと言えばいいのかよく分からなかった。ふと思い出して、煙草の本数が多くなった翌朝に痰がなかなか切れなくて喉が詰まりそうになる(本当に窒息死してしまうのではと思う)ことがあるので、試しにそれを言ってみたら去痰剤を処方してくれた。何の薬にせよ、精神科に処方してもらうのが一番安いので助かる。

そういえば精神科に行く前に昼寝少々も、たぶん10分ぐらいうとうとした程度だと思う。医者から帰宅後は湘南対名古屋の試合を見ていたのだがなんだかいたたまれなくなり、また「JIN -仁ー」の完結編の続きを見て現実逃避。夕食後も「JIN -仁ー」完結編続き。夜はDAZNで原口と宇佐美先発のデュッセルドルフの試合、森岡先発のアンデルレヒトの試合を見た。どっちも日本人選手が所属している方が勝った。宇佐美は4試合連続ゴールでこれが結果的に勝ち越し点に。森岡はPKをもらい、自分では蹴らなかった(アンデルレヒト移籍最初の試合でPKを失敗したせいか)が結果的にこれも勝ち越し点に。しかし森岡はいつかどこかでPKを蹴らないと、トラウマになっちゃうんじゃないか。

最近は現実逃避でずぶずぶだ。それで深く考えるところはあるのだが、それはむしろ現実的ではない。現実から乖離しつつある。精神科の診察も薬を処方してもらう以外はなんか人生相談みたいになってる。別に相談したいわけではないのだが。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。