Escapism

3月8日、木曜日。

夜から雨。

とにかく今日は起きてみて時間を見てびっくりした。一体全体何が起こったのかと。

7時の寺の鐘で一度目が覚めたのはうっすらと覚えている。それから夢を見て、同じ場面が堂々巡りするようになり、目が覚めて時間を見るとなんと12時24分。起きた時点で昼過ぎ。なんていうか、起きた時点でもう既に今日という日は半分決壊していたのである。思い当たる節としては昨夜寝る前に強い不安感に駆られて安定剤を昨日までより一錠多く飲んだ。それだけ。たったそれだけで10時間近く寝てしまうとは。最近こそ一錠減らしていたものの、以前は同じ分量を毎日飲んでいたというのに。

朝食(?)後の珈琲を飲んでいるともう1時を過ぎているので、何をどうしたものやら。相場のトレードといっても時間帯的に値動きが悪い。それにさすがに寝過ぎの頭痛もする。それでもなんとか相場のチャートを見続けていたのだが、驚いたことにこれだけ寝たというのに、3時過ぎになって眠くなってきた。我慢しようと思ったがこれでは頭がまともに働かない。それでしょうがなく、なんと寝過ぎの頭痛がするままに昼寝を小一時間した。こうなるとホント人間として終わってるなあという感じが半端ない。昼寝から目が覚めてもなかなか相場に入るきっかけがなく、しょうがないのでアマゾンのプライムビデオで「ドクターX」の続きを見ているとチャートに置いたアラートが鳴って、そこからポジションを取って少し売ったもののすぐに利確。というわけなので夕方まではほとんど何もしていないのに等しい。

起きた時間が昼過ぎでも夕飯の時間はいつもと同じ。なんだか損したような気がしないでもない。かといって寝過ぎたものはどうにもならない。相場は9時45分のECBの政策金利発表が気になるがそれまでは様子見するしかなく、この中途半端な日にどうしたものかと。

で、結局現実逃避することしか思いつかず、たまげたことにまたもや「JIN -仁ー」を最初から見直す。なんていうか、このドラマを見ている間ぐらいしか自分が幸せであると思えない。1話のタイトルロールを見てもう泣きそうになる。先日完結編の最後まで見たばかりだから、ディテイルも委細覚えている。それでいて始めから見ると、完結編のラストまで整合性が取れていて驚く。しかし本当に編集から何から、まったくもって感心するしかないほどよくできている。もう一度いうけれど、このドラマを見ている間ぐらいしか幸せを実感できることがないのだ。もしくは鹿島がいい試合をして勝ったときか。

一旦見始めると現実逃避は停まらず、一気に4話まで見てしまう。そして、気がつくと深更になっている。外は雨。今週はもう既にぐだぐだだ。起きる時間が一日おきに無茶苦茶になってる。相変わらず勇気はまったくなく、リスクを取れないので稼ぎも少ない。毎日夜が更けると明日こそ頑張ろうと思うのだが……。まあいい方向に解釈すれば損、マイナスをコントロールしていると言えなくもないが、それにしても。

まあいい。たまには(?)現実逃避するのも悪くない。と思うしかない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。