墜落中

8月10日、木曜日。

今夜は涼しい。毎日これぐらいならいいんだけど。

それはともかく、昨日より体調がさらに悪化。で、今日もなんだかよく分からないが(自分的には)比較的早く起きた。

というような夢を覚えているうちに起きようと思って起きたはいいのだが、今日もまた結局朝食後にぐだぐだに眠くなり、二時間ほど気絶。なんか妙に身体がだるい。相場の想定をして指値を置いてから、昼食になるものがなかったこともあってコンビニにパンを買いに行ってそのまま業務に行ってみる。で、とことんツイてなくて例によって冷房で身体が冷えただけ。というか、ちょっとネタ的にそろそろ限界かなあとも思う。帰宅後さらに二時間ほど気絶。なんでこんなに調子が悪いのか。なんか胃の辺りの具合がよろしくないような、むかむかするような気も。こういう体調の悪い日は何度も言うように相場のトレードは控えるのがルールなんだけれど、たまたま目が覚めたタイミングでユーロドルががたっと下落したのでつい押し目買いをしてしまう。さらに追撃。これは少し中長期的に保持してもいいかなと思って。さらに下がった場合にそなえて指値を追加。

なんかとにかく気分があまりよくないし調子悪いなあと思いながら6時半過ぎに母のところに顔を出そうと表に出ると、まだ10日なのに向かいの寺には盆の墓参りをする人たち、寺の駐車場が満杯でうちの前の道に路上駐車する車も。毎年盆の13日とか16日とかは路上駐車で大変なことになるんだけれど、まさかこんなに早くからそうなるとは思ってもみなかった。

夕飯の用意も何もせずに母のところに行ったので、帰りがけにスーパーに寄る。買い物の前にオロナミンCを飲みながら店の前のベンチで煙草を一服しながら、ああだるい、なんでこんなに調子悪いんだろうと思う。夕食はスーパーから買ってきた天重で済ませる。帰宅すると指値がさらに成立していてなおかつプラスに転じていたのだが、なんせ体調が悪過ぎて頭がよく回らず上手く判断出来そうにない。とにかく9時半の指標までは様子を見ようと、逆指値を同値に置いて(最悪でもマイナスにならないように)おく。すると、上手い具合に指標の結果が悪くドル売りに動き、利確しようかどうしようか迷う。前述のように気分的には少し長くポジションを持ってみるというプランもあったので。とか迷っているとダレて下がってくる。うむむ。ここは我慢して逆指値を逆に上げる。もうついたらしょうがないと。で、結局10時前にビビって利確してしまった。結果的にはその後再び深い押し目があったのでこれはこれで正解だったし、今日みたいに体調が悪い日に70ピップスぐらいのプラスになったのでありがたいと思わなければ。

しかしそれにしてもなんでこう体調が悪いのだろうか。ドグマチールを飲んでいるので胃潰瘍というわけではないと思うが。今日の日中はほぼ寝込んでいたわけで、こう毎日気絶するようではどうにもならない。

それはそうと、山の日とやらで祝日の明日、弟が来る予定。

ああ気持ち悪い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。