病院送りと病院帰り

8月7日、月曜日。

今日は三か月に一度の病院での悪性リンパ腫の予後検査の日。なので、9時32分起床も問題ない。と思ったのだが朝から暑くてじわっと汗をかき、あんまり暑いので朝食後書斎で冷房をかけていたら眠くなってベッドに横になって危うく寝るところだった。月曜日だからなのか道も混んでいて、病院に到着したのは12時を回っていた。診察は1時からなのだが血液検査があってその結果が出るのに1時間ぐらいかかるので、1時間早く行かねばならない。血液検査も少々待たされて、ようやく順番が来て終わったのは12時半近く、今日は待つかもしれないなと思いながらいつものように病院内のスタバでラテを買って車の中で煙草を一服。

案の定待たされた。というか、1時を過ぎてもなかなか診察が始まらない。結局診察の順番が回ってきたのは1時間近く待った2時ごろだった。これだけ待たされるのは久しぶりでちょっと気が遠くなりかけた。いつものように血液検査の結果自体は問題ないのだが、ヘモグロビンが多いだか少ないだかで少々貧血気味らしい。どうすればいいんですか?と訊ねると食事だという。鉄分の多い肉とかを食べるようにと。肉って鉄分多いのか?鉄分というとほうれん草というイメージなのだが。

ともあれ、予想外に病院に時間がかかって帰りがけにいつものようにのんびりとドトールに寄る余裕もなく、本屋に寄って本を2冊(燃え殻「ボクたちはみんな大人になれなかった」、佐藤正午「月の満ち欠け」)買った。燃え殻の小説は既にウェブ上で連載時に読んでいるのだが加筆したらしいしツイッター上であまりにも評判がいいので。佐藤正午は図書館から借りてもいいのだが直木賞のご祝儀代わりに。

今日も暑い。で、帰り道も混んでいる。ものはついでだからこのまま美容院に寄って髪を切ろうと、いつもの美容院(スーパーと同じ敷地内にある)に行くと30分待つと言われたので断念。結局帰宅するころには3時を回っていて、なんか病院に行って半日潰れたという感覚。

週明けということもあり今日の相場は基本的に様子見だったのだが、クソ暑い中冷房のある書斎で涼みがてらユーロドルのポジションを取る。で、買いのポジションを3つ取ったのだが、ちょこっと上がったところで利確。すると。利確した途端に跳ねた。ストップをつけた感じで20ピップスも。唖然。あと5分というか3分待てなかった。ホントよくある。60ピップス取れてたじゃん!という感じ。その後もちまちまとトレードして、結局金曜日に食らったマイナス分ぐらいを取り戻した格好にお釣り少々。そもそも様子見の日だったのだからこれでも上等とせねばなるまい。

母のところから帰宅後の夜は、YouTubeに公式のフルの動画がアップされていたので鹿島対セビージャ戦をもう一度見直してしまった。そんなわけで夜はあまり相場のチャートを見れていなかったのだが、今日のところはドル円もユーロドルもここまでのところ方向感なく小動き。どっちなんだよ!という感じで動いてくれないと分からない。

弟から電話があって祝日である金曜日に来るということ。金曜日は何の日かと思ったら山の日だと。そんな日があったことすら知らなかった。

それにしても毎日暑いが、それよりも母のところでニュースを見ていたら台風が山形にも明日明後日もろに来るということでどうなることやら。うちの辺りは土砂災害の心配はないので、あるとすれば最上川が氾濫とかだが……。もしそうなったらそれこそ驚天動地。ちょっとした大雨ぐらいで済むことを祈る。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。