天罰

8月4日、金曜日。

実際問題として、朝ごみを出したのは一体いつ以来なんだろう? とにかく、朝7時台、8時台の世界自体が久しぶり。早起きしたのは別にいいんだけれど(ごみを出せたし)、いつも起きている10時ごろまでに煙草を5本ぐらい吸いそうで、単純に計算すると今日の煙草は28本ペースになる。具合が悪くて寝てばかりいた昨日を除くと月火水と23本だったので。などと考えていると、9時半近くになって突如として物凄い眠気が襲ってくる。まだ風邪も完全に抜けていないのだろうが、それにしても急転直下に眠くなった。なのでベッドに入って1時間ちょっと昼寝。午前中なのに昼寝というのは変な気もしないでもないが。

今日は夜に雇用統計があるので相場はそれまであまり動かなそうに思える。なので、例によって指値だけ置いて業務へ。しかしこれが不ヅキでどうにもならず、ボロ負け。何にせよ当たらないのではどうしようもない。煙草休憩のたびに相場のレートを確認していたのだがやはり動かない。で、帰宅後またもや眠気が天罰のように襲ってくる。今度は1時間半ぐらい昼寝。夕方、スーパーに買い物に行ったのだが、このところは夕方になると涼しくなる。今日もそうだった。母のところで天気予報を見ていると、6時過ぎの気温が23度台なので涼しいわけである。風邪をひいた要因もその辺にあるのか。

夕食後の夜は雇用統計に備える。というか、どっちにしてもただ見てるだけのつもりだったのだが、強い雇用統計でドル高に振れた後、スケベ心が出てユーロドルの戻りを狙ってスケベロング(買い)を繰り返していると、これこそまさに天罰とだだっと下がって損切りさせられ、その後もしばらくじたばたしたのだけれどただ翻弄されただけに終わり、結局損切りの分である20ピップスちょっとの負け。これがなんか異常に悔しい。週末の夜に逆張りしているのだからそもそもリスクの方が大きいわけで当たり前なのだが。一日のプラスが20ピップスぐらいだとあまりにも少なくて唖然とするのだけれど、これが20ピップスの負けとなると尋常じゃなく悔しいのだった。たぶんそれはやり方次第でどうにでもなるくらいの額だからだろう。で、今チャートを見るとがたっと下がってからはただのレンジで、実際問題として普通にやれば勝てた相場だった。まあ問題はそのがたっと下がったところでやられたということなんだけれども、その後の立ち回りがお粗末過ぎた。で、すっかりユーロドルの方にかまけていたのだが、いつも通り長期金利を見ながらドル円をやった方が分かりやすかったことに後で気づく。まったくもって後の祭り。なんだか週末に負けて終わるのは実に後味が悪い。しかもいつもやらない金曜日の深夜にやられたので余計そうだ。まさに余計なことをやった天罰が下ったというべきか。

しかしながら、気がつくとどうやら体調は元に戻ったっぽい。あくまで「っぽい」のであって、まだ残滓は残っていて万全という感じではないが。

というわけで24本目の煙草に火をつける。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。