OG

2月25日、土曜日。

女性たちを籠絡しまくるというなかなか結構な夢を見ていたら9時台に一度目が覚めた。夢の続きが見たくて二度寝、こういうときは大概逆に失敗して忘れてしまうのだが珍しく成功、なので結局10時53分に起きたというのも今日のところはよしとする。大体に於いて今日はJリーグの開幕の日だから、それに間に合えばいいのである。

朝食後、玄関の鍵を開けようと思ったら郵便受けにアマゾンから届いた村上春樹「騎士団長殺し」が無理やり入ってた。朝一度起きたのはどうやらこの音らしい。

というわけで2017年シーズン開幕の鹿島対FC東京戦が本日のメインイベント。今季はかなり充実した補強をしてどのメディアでもやたらと優勝候補の筆頭に取り上げられているのが逆に気になる鹿島。今日は先発にペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ、GKのクォン・スンテと新戦力を投入。しかしながら相手のFC東京も大久保、永井といった補強をしている。ゼロックススーパーカップを含めて移籍後堅実な守備をしてきたGKのクォン・スンテだが、今日の試合に限ってミス。後半、途中出場の中島翔哉のシュートを弾くのが甘くなって三竿雄斗に当たってオウンゴール献上。これでなんと2007年以来という、ホームでFC東京に敗れてしまった。うむむ。

今日の試合に限っては失点がどうのというよりはやはり点を取れなかったことが敗因。ペドロ・ジュニオールがまだ上手くフィットしていない。彼が真ん中にいるので金崎がサイドに開くことが多く、それが得点チャンスが減る要因となっている。これだったら今日は二列目の左に入った土居と金崎をツートップで組ませた方がいい。満を持して投入した鈴木優磨も、二列目の遠藤に代えるよりは今一つ機能していないペドロ・ジュニオールに代えた方がよかった気がする。

とにもかくにも、一番楽しみにしていた開幕戦に敗れてがっくり。あまりにも失意を覚えて夕方物凄く眠くなりベッドに潜り込んだほど。ここ最近は日本代表よりも鹿島を応援する方が楽しくなっていたので。

で、夜は夜でその鹿島出身の大迫が先発のケルンの試合(対ライプツィヒ)を見る。ところが開始早々にこちらもライプツィヒに先制され、あろうことかケルンもオウンゴールを献上して前半で2-0とリードされる。後半開始からケルンが反撃して大迫がゴール、1点を返すもののヴェルナーに決定的な3点目を決められて万事休す。

というわけでサッカーに全精力を注いだ本日は贔屓のチームが2つとも敗れて意気消沈、という具合。かなり脱力しております。なんだか眠くなってる。まあ眠くなって当然の時間なんだけれども。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。