AM6:00

また朝6時に目が覚めてしまった。確かに昨夜も多少早めに寝たがそれでも1時は回っていたと思う。一体なんでこんなに早く目が覚めてしまうのか。第一真っ暗だし、朝食を摂っても昼前にお腹が空いてしまう。ホントに早起きは三文の徳なのか。そもそも三文ってどれぐらいなのか。辞書によると、「早起きをすると健康にもよく、また、そのほか何かとよいことがあるものであるということ」とある。まず、早起きするのはいいが、寝不足に陥った場合、本当に健康にいいのか。次に、何かとよいことがある、とすれば、毎日早起きしている人は毎日何かとよいことがあるということになる。とすると、市場に勤めている人や、新聞の配達をしている人は毎日何かよいことがあるのだ。うらやましい。

それはともかく、夕方まで業務をやって帰りになか卯で牛丼のミニを食して帰宅するも、一向に眠くならない。今日は身体に来て、手も顔も痺れていて頭痛もするが、6時に起きたのになんで眠くないんだろう。しょうがないので2錠目の頓服を飲んでソファで毛布を被るが、今度は寒くて眠れない。なので、毛布をもう1枚重ねてようやく眠れた。目が覚めると2時間ぐらい経過、これは果たしていいことなのだろうか。わりといい感じの夢を見たので、いいことなのかも知れない。一応痺れは気にならなくなったが、頭痛(と言っても鈍痛だが)はこれを書いている今に至るまで取れない。12時までやっているドラッグストアがあるので、11時過ぎによっぽど頭痛薬を買いに行こうかと思ったが、いまだに先日の雪が路面に凍りついている寒さ、当然の如く逡巡する。で、当然の如く止める。めんどくさいから。シャワーでも浴びれば取れるだろう、とシャワーを浴びてみたが取れない。うーん、これはどう考えてもいいことには思えない。しかし、よくよく考えてみると、「何かとよいことがあるもの」というのは、よいことばかりがあるという訳ではないのだ。なるほど。そろそろ本を読んで寝よう。せめて8時、いや7時までは寝たいものだ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。