Confused

明け方に目が覚めると、物凄く喉が痛かった。何度か寝直したのだが、途中で布団ごとベッドからずり落ちていることに気づき、たぶんその辺が原因で風邪がさらに悪化してしまった。それでも一応業務に赴くが、暖房が強過ぎて頭がぼうっとしてそのうち朦朧としてきて判断力ゼロの世界。ふらふらになって帰宅後、抑うつ状態もプラスされて頭が混乱の極み。こりゃどうしようもないな、というので頓服を2錠飲んでソファで毛布にくるまって寝る。2時間後に目が覚めると今度は頭痛。まったくやっておれんよ。で、頭痛薬と葛根湯を飲んで、カップヌードルの夕食、食後に日本茶を飲んでいるとどうやら寒気は治まった。そのうち頭痛薬が効いてきたのか、ようやく頭痛からも解放されたので、またぞろギターなんぞを練習しているうちに今度は鬱屈してきた。あまりにも鬱屈してなんだか悲しくなってしまい、何も出来ない廃人状態で天井を見ながら茫然とする。誰かに電話したいが、抑うつ状態が酷いときに電話出来るのは母親かI泉さんしかいない。先にI泉さんに電話してみるが留守電、しょうがないのでもう寝ている母を電話で起こす。何を言われるかはおおよその見当がついていて、やっぱり早く寝ろ、という答えが返ってきた。それでも誰かに電話したくなるのだ。そうでもしないと自分が海底で朽ち果ててしまうような気がして。昨夜は風邪が酷くなると悪いので髪を洗わなかったが、さすがに今日は気持ち悪くて髪を洗った。完全に乾いてから寝ないとまた酷いことになりそうだ。しかし、風邪というものは侮れない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。