Kyrie

12月30日、火曜日。

10時過ぎ起床。7時間半近く寝たことになる。外を見ると雪。朝食後に雪かきをしたが思ったほど積もっていなかった。しかし地面近くになると雪が凍っておりお手上げ、よって上っ面を雪かきしただけに終わる。午後まで雪は降り続いたが日中は思いの外積もらなかった。

日中に映画を1本。根岸吉太郎監督「絆」。これを見るのは2度目で、記憶によると最初に見たときはピンと来なかったのだが何故もう一度見る気になったのかその辺はよく分からない。役所広司と渡辺謙という豪華な取り合わせだからか。根岸吉太郎と脚本の荒井晴彦のコンビでは「遠雷」と「Wの悲劇」という好きな映画がある。特に「遠雷」は物凄く好きな映画だ。だがこの「絆」に関してはどうも途中から結末が分かってしまう。そういう意味でのストーリーに意外性がない。凡庸なセンチメンタリズムに落とし込むところが見えてしまう。そういう意味でもやっぱり凡作だった。

今日は相場で大失敗。やってはいけないことをやってしまった。夕方ドル円が急落して立て続けにストップを食らい、よせばいいのにバタバタとポジションを取り直してさらにストップを食らい大敗。負けパターンの典型だ。その後さらにポジションを取り直してしまう。結局のところ、どこが底か見極めるまで待っていられなかった。今もまだ結構なポジションを保有中だが、焼け石に水という感じだし、年末も押し迫って相場が薄くどうなることやらという感じ。まあここまで来たらある程度腹が据わってはいるけれど。

今日は夕食後に母のところに行ったので、少し遅くなり到着したのは7時を回ったころ。まだ雪は降っているが思ったほど積もってはいない。母の調子は今日も悪くないのだが、急に「今は朝か?」などと突拍子もないことを言ったりする。部屋に連れて行ってベッドに寝かせ、テレビをつけてレコード大賞を見せたら大分落ち着いたように見えた。

朝のパンがあと1枚しかないので帰りがけにスーパーに寄って買い物。安い食パンは全部売り切れ、しょうがないのでベーカリーの食パン(いつも買う奴の3倍ぐらいする)を買う羽目に。

夜は相場のチャートを見ながらYouTubeでparis matchを聴きまくる。ボーカルのミズノマリの力の抜け具合が凄く気持ちいい。結局帰宅後はレコード大賞を見ないで終わってしまったが、見たところでどうせ何の感慨もないだろう。

ふと思い出して昔ちょっと付き合っていたKのサイトを久しぶりに見る。彼女が亡くなってもう13年になる。彼女は僕のサイトを見てデモテープを送ってきた最初のアーティストだ。自分でプロデュースしたアーティストと付き合ったのは彼女が最初で最後だった。音源と動画はリンク切れになっていた。僕はただ写真だけを眺めた。彼女が生きていれば今いくつなのか思い出せない。探せばどこかに彼女が送ってきたプロフィールがまだあると思うが。写真の彼女は僕と付き合っていたころそのままだが、それはただの写真でありむしろ彼女の不在を表していた。もう随分昔のことだし、あまりにも彼女がいないということが明白なのでずぶずぶとセンチメンタリズムに陥ることはなかった。ただ、彼女と付き合っていた短い間のことを思い出すと、あのころの僕はあまりにも愚かだったなとは思う。彼女との間がダメになって、Kに渡すはずだったティファニーのリングを、僕はパチンコ屋のコーヒーサービスの女の子にあげてしまった。それから2年ぐらいして、彼女は4階から落ちて死んだ。それだけの話である。YouTubeで検索しても彼女の動画は見つからないし、彼女は忘れ去られつつある。実のところ、今日Kを思い出したのも物凄く久しぶりだ。ずっとずっと、僕は彼女のことを忘れていた。数日経てば、また僕は彼女のことを忘れてしまうだろう。こんな風に、肉親とかごく近い人を除けば、人は死んでしまうと次第に忘れられていく。そして何かのきっかけでふと思い出し、また忘れる。それはちょっと寂しい話だ。

僕の心はすっかり干からびている。

危うく書くのを忘れるところだったが、午後にようやく郵便局に行ってはがきを手に入れ、年賀状を作って出した。ワードのテンプレートを使ったら作るのはあっという間だった。出したのは3枚。最低限だ。あとは来た人に出せばいい。

今年も残すところあと一日になってしまった。明日は雪が積もるのだろうか。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。