制覇

目覚めると夜明け前、っていうのは大貫妙子だが、目が覚めると11時、つまり昼前。というのも昨日は眠くないということもあったがDVDを焼くのにトラブってソフトをあれこれ試して結局いつものソフトに戻ったりしているうちに外が白んできて寝たのは明け方の5時。

で、朝から頭痛、アドヴィルを飲む。どうも睡眠薬をルネスタとロヒプノールの両方飲んだときに頭痛がする傾向が。飲み合わせとしてあまりよろしくないのだろうか。そんなわけだから朝食後のコーヒーを飲んでいるともう昼過ぎ、午前中というものがほぼないに等しい。隣町のケーズデンキにDVDメディアを買いに行って帰りがけに母のところに寄る。帰宅後、岩井俊二監督「Love Letter」を再見。恐らく見るのはこれで3度目か4度目だと思うのだが、今回はどういうわけかラストでぐっと来て涙ぐむということがなかった。僕も歳を取ったということだろうか。心が渇いてきたのか。この映画が韓国で大ブームになったというのは、日本独自の少女漫画テイストのせいだと思う。少女漫画的センチメンタリズム。僕も学生時代には一時期好んで少女漫画を読んでいた時期があった。大島弓子とか。岩井俊二はやっぱり初期の方がいいと思う。麗美を音楽に使ってたころ。

その後は遅い夕食を摂りながらなでしこの試合までhuluで「ミレニアム2」(スウェーデン版)を見る。ほぼ原作に忠実だが、元が長尺の小説なのでかなりディテイルを端折った感は否めない。それと、これはハリウッド版を見たときにも思ったのだが、ミカエルとエリカが老け過ぎのような気が。原作者のスティーグ・ラーソンは50歳で亡くなっているので、原作読んでいるときもそれよりも若いイメージで読んでいたのだが、欧米の50歳ぐらいってこんなに老けてるんだろうか。そんなわけでミカエルにはいまひとつ感情移入出来ず。

で、夜は女子アジア杯決勝、日本×オーストラリアを見る。岩清水の1点を守り切った形でなでしこが初制覇。男女共にアジア杯を制するのはこれが史上初。正直、見ていてGKの福元の反応がワンテンポ遅くて冷や冷やだった。相変わらず川澄のスタミナとスピード凄い。澤はさすがにピークを過ぎた感。今回は海外組の一部呼べなかったのだね。大儀見も途中までだし。それで優勝なのだからよしとしなければ。

という感じですっかり休み癖がついております。

今日もうひとつツイッターのTLを賑わせたのはAKBにノコギリで切りつけた奴がいたという事件。これにはまったく興味ないので何の感想もない。切り付けられた人は気の毒だとは思うが。日本はアメリカみたいに乱射事件がない分、まだマシという気も。

また毎日のように映画を見るようになって、いいアンプといいスピーカーが欲しくなる。ついでにいいデスクトップのPCも。昔はリアスピーカー置いてサラウンドにして見てたので。引っ越しのとき、TANNOYとBOSEのスピーカー、捨てなきゃよかったな。


カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。