瓦解とペシミズム

1月22日、金曜日。

昨夜寝る前に差し歯が取れ、今朝になっても奇跡的に覚えていた(というか朝食時の違和感で思い出した)ので歯医者に電話、すると10時半に来てくれというのでついでにもろもろ用事を済ませようと車に溜まったごみを積んだ。歯医者で差し歯をつけてもらうと、その足でごみ処理場に行ってごみを出し、そのまま一番近いところがいいかと隣町の眼鏡市場というところに眼鏡を買いに行った。ところが行ってみると高過ぎてダメ、13号に戻って以前(といっても6年以上前だが)買ったことのあるドクターアイズに行く。ここでは案の定税込み5500円だった。フレームを選び、出来上がるまで1時間ほどかかるというので隣接しているドトールに実に久しぶりに入って昼食。すると、ドトールの喫煙席は驚くべきことにまだ生き残っていた。待っている間ドトールの隣の本屋を覗き、気になっていた文庫本を2冊購入。いまどきの文庫本は一冊1000円以上するから高い。出来上がった眼鏡を受け取り、帰り道にスタンドに寄ってガソリンを入れて帰宅。この時点でなんだかんだ既に散財している。

帰宅後トレードも、昨日バタバタとやったので今日は長く持つつもりでポジションを取ったのだが見事に失敗、結局ストップを食らう。今日は日中からダウ先物が謎の下落でリスクオフになり、よりによって一番下落率が高かった豪ドルをロング(買い)してしまった。途中ここまではショートカバーで戻るだろうなというところまでは戻ったのだけれど、何故かそこで損切りしようとは微塵も思わなかった。たぶんそれが最大の失敗。ストップを食らった時点で精神的には既に崩壊状態、その後無理やりポジションを取るもやはり何故か逆張りをして損切り、メンタル的には完全にお陀仏になってしまった。

そんなわけで本日は結果的に大散財。今日になって痛感したのは、なんだかんだいって自分は彼女がいて精神的なバランスが取れていたのだなということ。いなくなったことで完全にメンタルのバランスが崩れてしまった。考えてみれば実家に戻ってから6年半ぐらい一人で生きてきたのに、どうして一年ちょっと付き合っただけで一人ではダメになってしまったのだろう。なんだかよく分からないが一人では幸せになれないという妙な確信まで湧いてくる。あれだけ僕に固執していた彼女が5日も沈黙しているということは新しい人と上手くいっているに違いなく、それを考えると怖くて電話ひとつできない。詰まるところ、今に始まったことではないが勇気がない。

30本目の煙草に火をつけたら、ペットボトルのコーラを倒してしまい、机の上にぶちまけてしまった。何をやっても上手くいかない。たまたま今日がそういう日だというのならまだいいのだが、なんだかこの先ずっと、何もかも上手くいかないような気がしてしまうのだった。自分は不幸だ、と思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。