冬の彼方

12月27日、日曜日。

葬式疲れかなんか知らないけど、とにかく体調が悪かった。ひとつには8時11分に起きて睡眠が足りなかったということもあるが。

朝食後、玄関前の屋根から落ちた雪を雪かきしたあと、もうどうにもならないくらいにぐらぐらに眠くなり台所のテーブルに突っ伏して小一時間ほどうとうとした。それでも眠気は一向に収まらず、結局書斎のベッドに横になって昼過ぎまで眠る。菓子パン1個の昼食を食べてもまだなんかグダグダなのでまたベッドに戻り2時間弱眠った。白雪姫状態。そこで台所の暖房のスイッチがDAWのCubaseのボタンみたいになっておりいくら押しても動作しないという夢を見た。3時前に目を覚まし、4時に精神科の予約があるのでさすがにそれ以上は寝なかった。

いつものように直前に精神科に連絡を入れると5時に来てくれというので時間が余り、鍵盤の前に座って昨日の曲を書き直す。一応ワンコーラス分書いたがやっぱり80年代の歌謡曲みたいになってしまう。

5時に精神科に行くとすぐに診察室の前の椅子で待つように言われたが、しばらく待っても呼ばれない。結局20分ほど待った。最近は特に抑うつ状態は酷くないと医者に話した。血圧がなかなか下がらないので降圧剤の量が増える。

帰宅後、久方ぶりに米を炊いたのでカレーの夕飯。食後にYouTubeでジャズギター教室みたいな動画を見ていたら何故か物凄く気分が落ち込んでしまい、皮肉なことに酷い抑うつ状態に。要因はよく分からないがそもそも今日は体調そのものがよくないのだと思う。仕方ないので「冬のソナタ」の続きを見ているうちに抑うつ状態は少しましになったように思えたが今日は何故か手首が痛くなる。変異種がどうのと騒がれているのでまさか自分にもコロナが迫っているのかと夜中にふと思ったが、精神科で熱を計っても問題ないし味覚も嗅覚も大丈夫。とはいうものの、日中あれだけ寝たというのにまだ身体がしんどい。そうこうしている間に「冬のソナタ」は12話まで来て大変なことに。というよりそれかよ、という展開に。

というわけで今日はしんどいので早く寝ることにする。ちなみに今日は雪は降らなかった。しかしなんだか身体がだるくて節々が痛い。ということは風邪症状? ということはまさか……。今書いている曲が遺作になるのだけは勘弁。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。