亡き王女のためのパヴァーヌ

12月25日、金曜日。

気温が上がったクリスマスイブの昨日は山奥のレストランでクリスマスのディナーを食し、彼女のところに泊まった。今朝起きてみると外は晴れ渡っていたのだが、帰路に就いて県境の町に差し掛かると雪が降り始め、峠は吹雪の雪道になっていた。トンネルを通って山形県に出ると、尾花沢は凄い吹雪だった。

吹雪は隣の村山市まで続き、うちの町に入ると普通の雪になった。ただ、吹雪だの雪だのと言っても、昨日今日で除雪した路面の雪は融けていた。帰宅すると恐らく昨日の陽気で融けたのだろう、玄関の屋根の雪が大量に落ちており雪かき。屋根に積もった雪は圧縮されて半分氷になっていて重いので除雪機は使えない。雪かきを終えてすっかり息が上がって書斎に戻るとスマホに着電があった。見ると町内のいとこからだった。それで伯母(父の姉)が昨日亡くなったと聞いてびっくり。葬儀は明日だという。できれば火葬にも出て欲しいと言われたのだが朝8時半と聞いてこれはちょっと無理と断念、葬儀から出ると伝えた。それにしても、毎日ネットのお悔み情報をチェックしていたのに、よりによって外泊して見なかった日に亡くなるとは皮肉なものだ。12月24日が命日となると、この辺では雪があると墓参りもできないだろう。うちの父(命日が2月4日)のときもそうだったが一周忌や三回忌は春先に延ばすことになる。伯母は93歳だった。父が生きていたら今年で90歳になっていた。父が干し柿を喉に詰まらせて死んだとき、母は(父は)「あと10年は生き(られ)た」と言って、それを聞いて思わずそれは無理とそのときに笑ってしまった自分ではあったが、実際母の言う通り生きられたなあと今では思う。来週のLINE面会で伯母のことを母に伝えるのが辛い。

長く生きているといなくなる人の方が多いような気がしてしまう。もちろん、その分だけ毎日世界のどこかで人は生まれているのだろうけど。

それはともかくとして、例のCubaseで再生されないオーディオファイルがある問題、ヤマハから回答のメールが届いたのだが、そこにあるようにプロジェクトのバックアップをわざわざパソコンを前のに繋ぎ替えてやってみたけれども結果は変わらず。メディアプールにもファイル自体は表示されているしトラック内にも波形は表示されている。しょうがないのでスクリーンショットを撮ってそれを添付してやっぱりダメだったという返信を書き再度問い合わせ。ふと思いついて新しいPCの方のCubaseを再インストールしてみたがそれでもダメ。なんだか永遠に解決しないような嫌な予感がする。だとすると、何のためにパソコンを買い替えたのかという話になってしまうのだが……。

それはそうと改めて前のPC(Core i9 9900k)と今のPC(Ryzen9 5900X)を動かしてみると、やっぱり明らかに今のPCの方が動作は速かった。CPUスコアから考えて当たり前だけど。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。