煉獄

9月20日、日曜日。

急に寒くなった。朝食後の午前中、長袖のTシャツを着てみたがそれでも寒く、結局Tシャツの上にパーカーを羽織った。

狂犬は自分から別れると言っておきながら相変わらず噛みついてくる。着信拒否しているSMSに暴言のメッセージ。公衆電話から無言電話。ガス抜きのためにLINEはブロックしてない。通知をオフにできるので。とにかく彼女の気分を推し量る術はない。

何もする気になれないので終日ソファで読書。馳星周「煉獄の使徒」読了。

上下巻ともに分厚くてとにかく長い小説だったし、ひたすら酷い話が続くのでまずメンタル的に参る。かといってポジティブなカタルシスもネガティブなカタルシスにも至らず。実際のオウム事件からずれないようにするとしょうがないのかもしれないが。真っ当な人間ほど無残な死に方をするところはサドの「美徳の不幸」「悪徳の栄え」に於けるジュスティーヌを想起させる。いずれにせよ、オウム真理教というものがいかに常軌を逸していたか、いかに凄まじい狂気であったかを知ることはできる。

それはともかくとして、昨日の日記には書かなかったが昨日アマゾンからのこぎりが届いたので車庫脇の塀から道路にはみ出しているもみじの枝を25分ばかりかかって切った。切ったはいいのだが問題はその切った大量の枝で、ごみ袋に入らないからしょうがないので車の後部座席にそのまま詰めたのだがよりによって4連休ということにはたと気づき、水曜日までごみ処理場に持っていけないことに気づいた。今日あたりで既に車の中はかなり匂う。水曜日まで一旦外に出しておくべきかなと迷う。まだ車に積んだまま。

危うく忘れそうになるがお彼岸か。明日墓参りに行くかな。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。