不夜城

8月21日、金曜日。

この日記を書くためにはどうしても彼女のことを書かないと成り立たないところはあるのだけれども、それでも正直委細を書く気にはなれない。とにかく彼女は文字通りワールドクラスの馬鹿なのでそれに付き合うのも振り回されるのも通常だったらあり得ないというか馬鹿げているのだが、なんていうか今は彼女しか話す相手がいない。とはいうものの、彼女は人として越えてはいけない部分を何度も何度も平気で踏み越えてくる。仏の顔も三度とはいうが、馬鹿にも限度があると思うのだが現実にはどうやら限度はないらしい。

午後トレード少々。10日ぶりに母とLINE面会。一度間違えたものの、母はまだ自分の誕生日を言える。日中は34度、とにかく暑い。しかし夜になると少なくとも外は涼しい。

夜、3度目となる映画版「不夜城」をアマゾンプライムビデオで見た。

原作も3度読んでいるのだが、毎回ピンと来ない映画版のどこが問題なのか見てみるとまずそもそも原作を読んでいない人が映画だけ見てもストーリーが分からないと思う。そして改めて金城武の日本語は滑舌が悪くいかにも演技してますという感じで、要するに役者として演技が上手くないということに改めて気づいた。演出もかなり酷い。原作に於いて非情な部分がすべて失われて陳腐なB級アクションになっている。特にディテイルが酷いし、主要な悪役のキャスティングがほぼ最悪。原作の馳星周が冒頭にちらっと出ているが、よくこんなんでOKしたなという感じ。

夜も更けてきた。もう彼女に関してはどうしたらいいのかさっぱり分からない。が、少なくとも自分からアクションを起こす気は失せた。もう疲れ果てた。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。