メエルシュトレエムに呑まれて

7月28日、火曜日。

雨、雨、雨。昨夜から振り続く大雨で今日は午後からひっきりなしにスマホに警報が届いた。警報はやがて避難指示になり、まず叔母の住む隣町に出てそれからこの町にも出た。当初はどこかよくわからない町内の地域だったが夕方には町内全域に避難指示という警報が入って何やら屋外スピーカーでアナウンスのようなものが流れたようだがよく聞き取れなかった。

豪雨とはまったく関係ないが今日は金が50ドル以上動く物凄いボラティリティで、それに巻き込まれて一か月分のボロ負けを食らった。恐らく利益確定の売りと思われるが損切りをする間もなくあっという間にストップがついた。先物でストップがつくと本当にデカい。結局は銀と同じ目に遭った。

そんなわけで雨は降り続くが避難指示とスマホに出ても近所の人が知らせに来るわけでもないので、無視を決め込む。さすがに夕食後の夜はテレビをつけてNHKを見ていたが、どうやら避難指示が出ているのは最上川の川沿いの地区らしかった。ググって調べてみると母のいる特養はぎりぎりでセーフ。ただ夜になって町内の親戚がいる地区に洪水の恐れという警報が流れた。とはいうものの、一時は雨が小やみになって静かになったこともあり自分がどの程度危険な状況にいるのかがわからない。いずれにせよ最上川が氾濫したとしてもうちは大丈夫だと思われるし最悪二階にいるか向かいの寺にでもいけばいいが、そういえば実家に戻った7年前に一度大雨で三日ぐらい断水になったことがあるので念のためにポリタンク2つに水を溜める。

止んだと思った雨はまだ降り続いている。この町と隣町を繋ぐ橋の辺りで最上川は氾濫危険水位を超えているというのだが、実際問題としてどの程度なのかは見に行くわけにもいかないのでわからない。この田舎町のいいところはとにかく災害が少ないというところなのだが。今日も最初に届いたのは土砂災害警報だったがうちの近辺はその心配はない。ただいつだったか、たぶん2年ぐらい前に大雨が降ったときにうちから徒歩10分ぐらいのところが道路が冠水したという話もあった。うちもなんだかんだいって一階が冠水とかしたらかなりまずい。電気とかネットとかパソコンとか。結局自分のような危険を察知できない者がこういうときに逃げ遅れるのだろうか。しかし避難場所に指定されているところ(体育館とか)まで15分ぐらい歩く方がよほど危険な気がするし、移動したとしても危険度はうちとさして変わらないような気がする。以前母に聞いたところによると最上川が氾濫したことはあったということだったが、そのときも大丈夫だったということだったような気が。

そんなわけでいつも買い物に行っているコンビニの辺りがヤバそうだと言われてもどうにもピンと来ないのである……。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。