手紙

6月29日、月曜日。

朝10時近くに起きた。今日は彼女の誕生日だった。なんだかずっともやもやしたので昼ごろにLINEのブロックを解除した。午前中に電話して予約し、午後の3時に特養で母と面会した。母は相変わらずそれなりに元気そうだった。面会中、彼女から電話がかかってきたが面会中と言うと7秒で切れた。帰り際、駐車場の車の中でLINEに誕生日おめでとうとだけ打った。特養から帰宅すると、郵便受けに手紙が入っていた。普通の茶封筒で切手も貼ってないし宛名もないが封はしてある。なんか不気味だ。なんだろうと思って台所で開封すると、彼女からの謝罪の手紙だった。どうやら留守中にうちに寄ったらしい。手紙は手書きで筆圧が強いのが分かり、修正液で修正してあったり一生懸命に書いたのが分かるものだった。それによると、どうやら誕生日のプレゼントにアマゾンで買った掃除機は今日の午前中に届いたようだ……。

中略。複雑な思いがあった。以下略。

夕方、昨日半日かけてインストールしたKomplete12の音を確かめてみた。

というわけで、Funk02のブラスを差し替えてみた。思ったよりいまいちだけれどもそれなりにアーティキュレーションはつくようになっている。がしかし、差し替えてオケの中で聴くといまひとつリアルではなかった。結局こういうのを突き詰めていくと専用音源を買うしかなくなる。

今日も散歩がてらコンビニまで歩いて往復した。夕食後から抑うつ状態が酷くなり、手が痺れてきて気分が酷く悪くなってきた。凄かった。凄まじい抑うつ状態で、書斎のソファに横になったもののこのまま死んでしまうのではないかと思ったくらいだった。何も出来そうにないが何もしないと本当に死んでしまいそうだったので、とりあえずなんとか起き上がって机に向かい、なんとなく先ほどのFunk02のミックスとマスタリングをしてみたが酷い気分だった。どう考えてもトレードが出来る体調でも精神状態でもないので、次に試用期間の補正ソフトを使ってボサの曲のボーカルのピッチ修正を始めたところ、思った以上に自分の歌のピッチが悪く修正に集中せざるを得なかった。それでようやく抑うつ状態は少しだけましになった。それにしても例のボサ、曲のせいでボーカルが音痴に聴こえるのかと思ったら、ただ単に自分のボーカルのピッチが悪いだけだった。確かに歌うのは難しい曲ではあるけれどちょっと唖然。これでは音痴に聴こえて当たり前かなと。

中略。

結局明日彼女とランチを食べることになった。まったく人生は何がどうなっているのか分からない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。