Axiory

1月2日、木曜日。

朝起きたらうっすらと雪が積もってはいたが、それも日中全部融けてしまい正月の2日だというのに雪がまったくない。というか、11月に初雪が降ったというのに正月の2日に至るまで一度も雪かきをせずに済んでいる。こんなことは田舎に帰ってから初めてでびっくり。なんだかんだとあったもののなんとか無事丸く収まって彼女との正月を過ごし、彼女は今日帰っていった。夕方母親に面会に行ったが、大晦日に続いてたった15分の面会時間に終わる。これまでもインフルエンザでの面会制限というのは毎年あったが、面会時間が15分というのは今回が初めて。警察の面会時間より短いとは。

夕方から本年最初のトレード。なんていうか、ある種の縁起担ぎで夜プラスになったところで利食い、年初はプラスでスタートということに。っていうか、今チャートを見るとそのままポジションを保持しててもよかった……。で、そのトレードなのだが今年は3月一杯までは海外口座でトレードすることにした。というのもAxioryのお年玉キャンペーンという奴で1月21日までの入金に対して最大3万円の100%ボーナスがつき、3月一杯までに計30ロット、つまり300万通貨のトレードをするとボーナスが口座に入金され出金もできるからだ。3か月で300万通貨の取引というのはそれほどハードルが高くない。例えば1日5万通貨の取引でも月20日以上トレードすれば3カ月で達成できる。一日5万通貨の取引を2回、つまり計10万通貨の取引をやれば1カ月半ほどで達成できることになる。トータルプラスで終えれば最大3万円がそっくり手に入るということになる。

僕は元々AxioryにMT4とcTraderのそれぞれナノスプレッド口座を持っていたので、熟慮の末MT4の口座の方に3万円入金した。これだけで有効証拠金は6万円になり、Axioryのレバレッジは400倍なので20万通貨以上のポジションを持つことができる。Axioryのナノスプレッド口座はドル円のスプレッドが0.2~0.3、ユーロドルは0.1~0.2と非常に狭いのだが、難点は取引手数料が往復でドル円だったら1万通貨の取引で66円かかるということ。これは現実的にはスプレッドが0.8~0.9ということになる。1万通貨で66円というと大した金額ではないと思うかもしれないが、ロット数を増やすとこれが結構馬鹿にならない。もっとも、ポジションが一旦プラスに転じてしまえば国内口座となんら変わりはないのだが。手数料がかかるせいでスキャルピングには向いていない。取引ツールとしてはcTraderの方がレスポンスが速いしOCO注文も一括決済もできるのでこっちを使いたいところなのだが、如何せんcTraderはスマホでOCO注文ができない(単に自分が使い方を知らないだけかもしれない)ということと、cTraderの場合のみ口座残高の増減がボーナスの適用に反映される。つまり残高がマイナスになるとその分使えるボーナスも減ってしまう。そんなわけなので、今回はMT4の口座を選んだ。MT4は一括決済がスマホでできないというのが難点だが、デイトレードなら問題ない。

今回のキャンペーンの利用方法だが、ぶっちゃけ一番簡単に達成する方法としては、5万通貨でポジションを取った途端に決済をする、ということを60回繰り返す、ということでも達成できる。つまりそのたびに400円ぐらいスプレッドと手数料分のマイナスになるのだが、それをひたすら60回やって約2万4000円強のマイナスになったとしても3万円のボーナスであれば6000円弱ぐらいのプラスにはなる。まあそんなことをやる人はいないだろうが……。

ちなみにサポートに問い合わせてみたら、MT4の口座でボーナスをもらっても、cTraderで取引した分もロット数としてカウントされるということだった。まあどっちにしてももうちょっと入金して余裕のある状態でやろうかなと。パソコンでトレードするならcTraderの方がやりやすいので両方の口座に入金してもいいし。初心者の場合だったらcTraderの方が分かりやすいかもしれない。国内口座のツールと同じように使えるから。時刻も日本時間に設定できる(MT4の場合は日本時間を表示するのにインジケーターが必要)。

しばらく使っていなかった海外口座だが、レバレッジが高いので少ない資金(証拠金)でトレードできるのと、いくら損失を出してもゼロカットなので口座にある分以上のマイナスがない(追証がない)こと、ロスカットが20%なので国内口座よりもぎりぎりまでポジションを持ってトレードができるところが利点。で、いくらだったか、年間150万ぐらいだったかな?それぐらいまでなら国内口座よりも税金が安い。Axioryはbitwalletでの入出金ができなくなったので一時期以降使わなくなっていたが、Curfexというところを通して普通に国内の銀行から手数料無料で入出金ができるようになったのでむしろbitwalletよりも便利になった。入金も早いしボーナスも即時反映される。ちなみに海外口座の注意点としては、MT4での1ロットは10万通貨になること。つまり1万通貨は0.1ロットになる。cTraderの単位は1000ドル。つまり1万通貨だったら10Kドルとなる。Axioryのサポートはチャットで日本人が対応してくれるので英語ができなくても問題ない。

そんなわけで、向こう3カ月はAxioryでトレードする予定。前述のキャンペーンはもう一度書くと1月21日の入金まで。Axioryに口座を開設したい人は↓ ここから。



追記: cTraderはスマホでもOCO注文ができることが判明。それと、注文単位も通貨(ドル)表示とロット数表示(1ロット=10万通貨)を設定で切り替えられる。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2 Responses to Axiory

  1. ピンバック: 再び去る人 | something new

  2. ピンバック: ヘソが沸かす茶 | something new

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。