ある種の決着

5月19日、日曜日。

今日はなんとか6時台に目を覚ますことなく、10時過ぎまで眠ることができた。よろしくないのは昨夜寝る前から生じた腰痛で、一夜明けてみるとさらに酷くなっていた。とにかくちょっとでも身動きすると痛いので参る。これまでの経験からいうとそのうち治るものと思われるが、今日のところは終日腰痛に悩まされた。そのせいで、午後DAZNでJ2の徳島対山形の試合を見ていたのだが座っていても辛くて、途中からベッドに横たわってしまった。しかしながら寝返りを打っても痛いのだから始末が悪い。とはいっても気がつくと少しは寝たようだった。

買ったばかりのパソコンが壊れた上に腰痛では弱り目に祟り目だが、パソコンの方はというとそこまで意気消沈というかショックを受けているわけではなく、ただなんとなくすっきりしないもやもやが残っていた。なので、グラフィックボードを買って自分で取り付けることを妄想する。ネットで調べたものが本当に取り付けられるものか確認しようと実際にドライバーを持ってきてパソコンのケースのネジを外してみたが、どうやって開けていいものか分からず諦めた。

腰痛を抱えたまま4時半ごろに母のところへ。母を車椅子からベッドに寝かせて、自分はとにかく何をしても腰が痛いのでなるべく動かないようにパイプ椅子に座ってスマホを見ていた。で、なんとなく価格ドットコムのアプリで習慣でデスクトップパソコンを見ていた。CPUのCore i9で検索してみる。すると、これまではまったく気がつかなかった(たぶん価格的に無視していたんだと思う)が同じマウスコンピューターで今回買ったものとまったく同じ機種でグラフィックボード(GeForce GTX1060)を搭載している機種があることに気づいた。グラフィックボード以外は寸分違わぬので、違いはそれだけのようだ。これは意外だった。というのも、先日サポートと電話で話したときにグラフィックボードは動作の保証ができませんと言っていたような気がしたのだが、僕の勘違いだったのだろうか?

帰宅後今度はパソコンでもう一度調べてみると、確かにグラフィックボードが載っている以外はまったく同じだった。値段が3万ぐらい高い(それで目に入らなかったのだと思う)。ということは、昨夜からこんなことならCPUのスペックを落としてグラフィックボード搭載の機種(値段はちょっと安い)にすればよかったとぐじぐじと思っていたのだが、今回買ったものにグラフィックボードを載せる(つまり今日見つけたものと同じにする)ことができれば最強のパソコンになるではないかと思った。そうすれば中途半端にもやもやしていた気持ちやパソコン関係のあらゆる懸念が払拭できる。

というわけでマウスコンピューターのサポートに電話して問い合わせてみた。すると、アップグレードという形でグラフィックボードは搭載できるということだった。肝心の料金は3万1104円。取り付けの作業料は発生しないということだった。正直グラフィックボードのメーカーにもよるが単体で買うよりも若干高いし結果的にパソコンとしては今日見つけた機種と寸分違わぬものとなるのに結果的に1万円ぐらい高くつくことになる。がしかしここはしょうがない。3万なにがしを払って(代引き)取り付けてもらうことにした。

ことここに至ってここ最近ずっと頭を悩ませていたパソコン問題はようやく決着を見た。ようやっとすっきりした。結果的に17万ぐらいかかって予算オーバーだし、ノートパソコンを買い換えたことまで考慮するとトレード環境を整えるのになんだかんだ20万以上使ってしまった。もういまさらしょうがない。足が出た分は取引資金の方から回す。何はともあれ、金はかかったが20万以下のパソコンではほぼ最高スペックになった。もちろんメモリを32Gぐらいにすれば万全なのだけれど、現実的に自分の使い途からいってそこまでのスペックは必要ない。念のためにもう一度サポートに電話してディスプレイ端子を確認して、これ以上変換アダプターとかも買わずに済むことが分かり、万事解決。あとは長く使えることを祈るだけ。

とはいうものの、腰痛の方はまったく解決していない……。明日は朝町内会のごみ当番だ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。