幻聴

2月12日、火曜日。

今日は母が病院に行く日なので8時2分起床。8時のアラームで目が覚めて、一瞬気絶して2分後に起きたという次第。8時5分にもタブレットでアラームをかけていたのだが。結果、人間の体内時計は当てにならないということが判明。台所に行くと外が雪でうっすらと白くなっていて焦る。実際のところは玄関前の飛び石にうっすらと積もった程度で車庫前は大丈夫だった。よって雪かきは2分で終了。

今日は当日予約が取れればCT検査をする予定だから、3時までに終わればいいなと思っていたが、CTだけではなく、レントゲン、採血、採尿、肺機能検査、それに入院の説明、足の傷の治療まであり、結局すべて終わったのは4時になろうとするころだった。丸々6時間かかった。この間に吸った煙草は1本。朝10時前に4本吸ったときはどうなることやらと思ったが、結果的には昨日よりむしろ本数は少なくなった。

母は3月の15日から入院することになった。19日の手術前までは一般病棟で、手術以降は集中治療室(ICU)に入ることに。入院前にもう一度検査があり、3月5日に心臓のエコーとリハビリ(全身麻酔のため?)を行うことに。半日かかったので確かに疲れたのだけれど、一番参ったのは病院の暑さだった。当たり前といえば当たり前だが、病院はパジャマ一枚の患者に合わせた温度設定をしているので、その中でダウンジャケットを着て6時間もいるとあまりにも暑くてぼうっとしてくる。母のCT検査が終わったときには廊下でうとうとしてしまった。

帰りがけに久しぶりにドトールに寄って隣接する書店をちょっと覗いたが今日は本を買わなかった。帰宅するともう5時過ぎ。そんなわけだから今日のトレードは様子見。夕食後、またYouTubeにハマる。今度は日本語がネイティブレベルのロシア美女の動画。この手の動画はなんでこう面白いのだろう。台所で珈琲の豆を煎りながら延々と見た。で、動画を見終わると幻聴が。人の話し声が聞こえる。女性ではなく男性の声だった。珈琲の豆を煎ったので換気扇を回していたから、その音の倍音を拾ったものと思われる。その後、またしてもYouTubeで今度はヤクザ関連の事件動画と右翼のドキュメンタリーを見た。実に胸糞悪い。それから風呂に入ると浴室でもまた幻聴。やはり換気扇の音から人の話し声を再合成。自分はどちらかというと音楽性の幻聴の方が多いのだが、今日は何故か話し声だった。

そんな感じだから夜もほとんど相場のチャートを見れず。今日のところは半ば諦めていた。それにしてもこのところのYouTube中毒酷い。なんとかならないものか。確かに面白いことは面白いのだが、これでは仕事にならない。なんでこうなったのか。どうにも中毒性があるというかある種の現実逃避行動とも言えるので、そろそろなんとかしないと。本当にダメ人間になってしまう。いや、とうになっているのだけれど。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。